テーマ:セカンドライフ

ライトセイバーを装着する -セカンドライフ-

"ライトセイバー"といえば映画「スターウォーズ」で登場する人物たちが使う武器で、通常はバトン程度の大きさだがスイッチを押すと光線状の刃が出てくるのだが、このアイテムが"セカンドライフ"内でも無料で取得して利用することができる。 早速"スターウォーズ"のアバターが売られている島に行き、その中にある"ライフセイバー"が無料配布されてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

装着できるアイテムを作る(完結) -セカンドライフ-

前回で頭部に装着するアイテムが作成できたので、それを実際に装着してみるのと、他のパーツも作りオリジナルなアバターを作成する。   作成したアイテムは「右クリック」→「Take」で持ち物の中に入っている。 入れたアイテムはデフォルトで「Object」という名前になっているが、これは自由に変更することが可能だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビームが出るアバター"Lancelot" -セカンドライフ-

メタバースの"セカンドライフ"にはアイテム作成と同時に"LSL"と呼ばれるスクリプトを組み込むことができ、それを使ってアバターを呼び込めるようなゲームが作れないかと考えている。 ゲーム作成の登竜門的なカテゴリーはやはりシューティングだろうか。 まずはアバターが装着するものからビームが出るようにしたいと思う。 しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンプを行うとスパムメールが送られる -セカンドライフ-

"セカンドライフ"内の通貨である"リンデンドル"を貯めるとアイテム購入だけでなく、現実世界への換金が可能なので常にログインして"リンデンドル"を稼いでいるユーザがいるのだが、その稼ぐ方法によってはスパムメールを受け取ることにつながるかもしれない。 "リンデンドル"を稼ぐにはワールド内でアイテムを販売するだけでなく、キャンプと呼ばれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カメラ視点の操作 -セカンドライフ-

"セカンドライフ"で街中を歩き回ったり、自分好みのアバターや販売するアイテムを作成時にデフォルトであるアバターの後ろからの視点では使いにくいことが多い。 せっかくの3D空間なので、カメラを自由に動かして自分のアバターを正面からみたり、作成するアイテムをさまざまな角度から見て作りこんでいきたいものである。 もちろん"セカン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

装着できるアイテムを作る(2) -セカンドライフ-

前回に引き続き、セカンドライフ内での自分のキャラクターに装着するオリジナルアイテムを作成する。 今回は作成したものに色をつけて自分の所有物とするところまで紹介する。 前回はプリムを組み合わせて下のようなものを作った。   これは単に球形のプリム5つを拡大縮小して位置調整したものだ。   セカン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

装着できるアイテムを作る(1) -セカンドライフ-

セカンドライフは仮想世界を歩いたり他のユーザと会話するだけでなく、操作する自分のアバターの服装や顔、スタイルを自分で作り、それらを販売して換金できるところにおもしろさとビジネス要素がある。 見た目の性別は男性・女性と自由に変えることができるのだが、どちらも初期の状態はシンプルである。   ここで、オリジナルのア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮想世界の通貨を現実世界へ換金する -セカンドライフ-

セカンドライフ(以下、SL)がビジネスとして成り立つ要因の一つに、アイテム販売等でワールド内で得た通貨を現実世界の通貨に換金できるシステムがあるからだ。 SL内では"リンデンドル"と呼ばれる通貨を用いてアイテムの売買が行われている。 販売するためのアイテムはSL内で誰でも作ることができるので、それを売って"リンデンドル"…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セカンドライフの導入

セカンドライフで何かするだけでニュースに取上げられる現在、地方自治体も参入を検討していて、仕事としてセカンドライフ関連の準備をすることになった。 先日「Second Lifeはビジネス発展するのか」でセミナーに参加したことをブログに書いたが、当面はセカンドライフに参入する企業・団体を支援する形でビジネス発展しそうだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Second Lifeはビジネス発展するのか

昨日は「女性をターゲットにしたIT戦略」というセミナーの話をしたが、同日にSecond Life(以下、SL)に関する講演もあったのでこちらも聴講した。   SLといえばオンライン上で3D世界に自分のキャラを用意し、そこで他のユーザとコミュニティやビジネス発展させる場だ。 オンラインゲームと異なる部分は、SL内のアイテ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more