テーマ:Office

Excel で行または列の背景色を交互に付けて表を見やすくする -Officeソフトの技(9)-

[最新更新] 2020年08月13日 [初回公開] 2011年11月18日 集計や報告資料は値や内容を正しいものとするのは当たり前だが、せっかく正しい資料でも読みにくいと情報が伝わりにくくになるため見せ方にも配慮が必要となり、その見せ方の中でも行や列ごとに背景色を交互に付けて表を見やすくする方法がある。 このページ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PowerPoint で結合された表のセルを分割する方法 -Officeソフトの技(3)-

[最新更新] 2020年08月05日 [初回公開] 2010年06月04日 提案書やプレゼン資料作成に利用する PowerPoint で表を扱うことも少なくないが、表計算に特化した Excel と比べるとあまり柔軟に表を作成したり編集したりすることはできず、その中でも結合したセルを分割する場合は PowerPoint のバージョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Word の文章作成時と印刷時に外側に枠線を付ける -Officeソフトの技(29)-

[最新更新] 2020年08月01日 [初回公開] 2019年06月17日 Word で資料を作成すると記入した文章の外枠は何も無い状態で、旧バージョンの Word で外枠線を付けたい場合は枠線が有り背景色を無しとして四角形の図形を文章の外側に配置していたのだが最近の Word では設定一つで枠線を付けることができ、枠線の種類も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Word で表の位置を自由に配置して資料の操作性と見易さを向上させる -Officeソフトの技(28)-

[最新更新] 2020年07月31日 [初回公開] 2019年05月13日 Word で資料を作成する際には図形や表を挿入することで文章だけの資料ではなく視覚的にも見やすくすることが求められるが、 Excel や Powerpoint と違いそのまま図形や表を挿入すると吸着してしまい好きな場所に設置できないので自由に配置できる方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Word で行間などを減らして一ページあたりに表示する行数を 36 行より増やす -Officeソフトの技(27)-

[最新更新] 2020年07月30日 [初回公開] 2019年03月06日 Word の初期設定では一ページあたりの行数が 36 行で、ページ設定の行数の設定で最大 45 行まで増やして一ページ内に表示できる内容を増やすことができるが、余白や行間を狭めることで 45 行よりさらに行数を増やすことができる。 このペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excel でハイパーリンクが削除できない場合の対応 -Officeソフトの技(26)-

[最新更新] 2020年07月23日 [初回公開] 2019年02月04日 Excel など Office の製品にはメールアドレスや URL を入力すると自動的にリンク扱いになり、入力後はセルをクリックするとメールアドレスではメーラーが、URL ではブラウザが起動する「ハイパーリンク」という機能が備わっているがそのハイパーリン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

PowerPointで扇形の作成方法と効果的な利用用途 -Officeソフトの技(5)-

[最新更新] 2020年07月07日 [初回公開] 2010年07月05日 PowerPoint には四角形や円形など基本となる図形が既に用意されているが円グラフによく用いられる扇形や半円などは無いため、利用できる図形を拡大縮小、変形などで組み合わせることで多種多様な図形を作成することができ、その中で扇形の作り方を紹介する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PowerPoint でテキストの行間を指定して見やすくする -Officeソフトの技(4)-

[最新更新] 2020年06月30日 [初回公開] 2010年06月09日 プレゼンテーションの資料や提案書は図形や色で読みやすさやインパクトを与えることができるが、配置する文字列(テキスト)のデザインも大きく影響し、その中でも行間を調整することでより読み易さを向上し内容の理解度も深めることができる。 このページの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PowerPoint でグレースケールの印刷時に出る図形の枠線を消す -Officeソフトの技(35)-

PowerPoint はプロジェクタを使ってプレゼンや講演会で利用する他に提案書や会議など配布を目的とした資料作成でも利用されますが、グレースケールで印刷した際に図形に枠線が出て見栄えが悪くなってしまうため、枠線を消して見栄え良くします。 このページの目次グレースケールにするメリット図形を用意するグレースケールで印刷すると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excelで名前の定義を使ってプルダウンメニューを作る -Officeソフトの技(34)-

前回、Excel で都道府県や商品一覧など決まった値の入力の手間を減らすためにプルダウンで選択する方式を紹介したが、元となる選択肢を範囲指定した前回と異なり今回は"名前の定義"を利用してプルダウン化する。 このページの目次プルダウンに表示する選択肢を用意する値の範囲を名前で定義するプルダウンを設置する設置したプルダウンを確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excelでプルダウンメニューを作る -Officeソフトの技(33)-

Excel で都道府県や商品一覧など決まった値を入れる場合に都度手入力すると手間なので、予め一覧のリストを作成しておき、値を選択する場合はプルダウンで選択する方式を取ることができる。 このページの目次プルダウンに表示する選択肢を用意するプルダウンを設置する設置したプルダウンを確認する利用シーン 1.プルダウンに表示す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excel でセルに!マークを出さなくする -Officeソフトの技(32)-

Excel は複数のセルに入力した値を瞬時に計算することができるので日頃の管理業務に重宝するが、新たに行や列に値を入力すると計算結果を表示するセルに!マークの警告が表示されることがある。 この警告は計算で利用している数式に指定している範囲に隣接しているセルに値があると範囲指定漏れの注意を促すために出るマークである。 今回はセルに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PowerPointでハイパーリンクを用いた目次作成と使い方 -Officeソフトの技(31)-

PowerPoint でスライド数が増えてくると見たいスライドまでスクロールなどして行き着くのが大変になるが、ハイパーリンクを用いた目次を用意しておくとマウス操作でスライドの移動が楽になる。 1.タイトルを入れたスライドと目次の作成 ハイパーリンクを用いた目次を作成する前に、遷移するスライドを用意するとともに、各スライドにはタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Word でヘッダーに表や図形を入れてできる改行を無くす -Officeソフトの技(30)-

Word にはヘッダーとフッターが設けられており、全ページ共通で同じ文字や画像を挿入することができる。 ヘッダーとフッターは Word の本文と同じものを入れることができる反面、制約や仕様も本文と同様になるため表や図形をヘッダーに入れると改行ができることがあるが、これが全ページに入るので邪魔になる。 1.ヘッダーに表を入れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excel で必要な行だけ表示させたい -Officeソフトの技(25)-

Excel で行数が大量になると見づらくなるため、絞り込む情報を選択して表示することで見やすくなる。 会議資料で利用する場合など印刷する際に不要な情報があると印刷に利用する紙が増えてしまうが、絞り込んで表示した状態だと印刷時もその状態が保持されるので資源の無駄も省ける。 今回はその情報の絞り込みの手順を追うことにする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excel で頭に 0 を付けて数値の桁数を揃えたい -Officeソフトの技(24)-

Excel でセルに数値を入れると当然ながら 0 なら一文字分、10 なら二文字分が表示されるので二桁揃えの"01"や三桁揃えの"001"といった数値の前に 0 を付けて表示するようにする。 桁数を揃える理由としては見やすさがある他、見積書は発注書など管理番号を振る場合に桁数が決まっている場合に用いられる。 今回は数値を三桁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wordでフォントを変えたときのカーソル幅を変えたい -Officeソフトの技(23)-

Word を利用していてフォントを変更するとグリッド線が一行分しか使っていなかったものが二行分使うようになったことはないだろうか。 Windows で Word を使っていると初期設定では「MS 明朝」が選択されていることが多い。 プリインストールされているフォントは他にもあるためフォントを変えることもあるだろう。 グリッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excelで全角文字を半角文字にする -Officeソフトの技(22)-

ある単語や英文で全角文字を半角文字に一括変換したいときは Excel の関数を利用すると便利である。 文字数が増えると手入力で変更すると手間がかかるのと入力間違いをする恐れがあるので、機能を利用するのが確実だ。 1.変換前の文字列を入力する Excel に変換前の全角文字が入った文字列を入力またはコピー&ペーストする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excelで全角文字を半角文字にする -Officeソフトの技(21)-

ある単語や英文で全角文字を半角文字に一括変換したいときは Excel の関数を利用すると便利である。 文字数が増えると手入力で変更すると手間がかかるのと入力間違いをする恐れがあるので、機能を利用するのが確実だ。 1.変換前の文字列を入力する Excel に変換前の全角文字が入った文字列を入力またはコピー&ペーストする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excelで小文字交じりの文字列を大文字にする -Officeソフトの技(20)-

ある単語や英文で大文字と小文字が入り混じっている時に大文字に一括変換したいときは Excel の関数を利用すると便利である。 文字数が増えると手入力で変更すると手間がかかるのと入力間違いをする恐れがあるので、機能を利用するのが確実だ。 1.変換前の文字列を入力する Excel に変換前の大文字と小文字が入り混じった文字列を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excelで半角文字を全角文字にする -Officeソフトの技(19)-

ある単語や英文で半角文字を全角文字に一括変換したいときは Excel の関数を利用すると便利である。 文字数が増えると手入力で変更すると手間がかかるのと入力間違いをする恐れがあるので、機能を利用するのが確実だ。 1.変換前の文字列を入力する Excel に変換前の半角文字が入った文字列を入力またはコピー&ペーストする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excelで大文字交じりの文字列を小文字にする -Officeソフトの技(18)-

ある単語や英文で大文字と小文字が入り混じっている時に小文字に一括変換したいときは Excel の関数を利用すると便利である。 文字数が増えると手入力で変更すると手間がかかるのと入力間違いをする恐れがあるので、機能を利用するのが確実だ。 1.変換前の文字列を入力する Excel に変換前の大文字と小文字が入り混じった文字列を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excelで複数のセルを一括選択する -Officeソフトの技(17)-

Excel で複数のセルを選択する場合には Shift キーを押しながら方向キーを押下したり、マウスで任意のセルまでドラッグする方法がある。 しかし、行や列が大量になると操作が大変になるので一括でセルを選択する方法を紹介する。 1.始点となるセルの選択 複数選択の始点(開始地点)となるセルをクリックする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wordで画像の開始位置を変更する -Officeソフトの技(16)-

Word で挿入した画像を左端から右方向に向かって位置を変更する場合、画像の前に全角/半角スペースを入れて位置調整する方法がある。 しかし、全角/半角スペースを入れる手軽さの反面、文字スタイルの影響を受けやすく、気づけば位置がズレていることがある。 今回はその他に全角/半角スペースを利用する以外に、ルーラーを使って位置変更する方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wordで文字数をカウントする -Officeソフトの技(15)-

Word で文字数を目標に文章を作成したり、テキストエディタなど別のソフトで作成した文章が何文字あるかをカウントしたい場合は、Word の文字数カウントの機能を利用するとよい。 Word で文章を打ち込んだり、コピー&ペーストした際に、画面下部のステータスバーに文字数が表示される。 下図はひらがな15文字と途中に改行と全角スペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PowerPointで自由絵画した図形を編集する -Officeソフトの技(14)-

PowerPoint など自由に図形を絵画することができる「フリーハンド」の機能があるが、マウス操作では綺麗に描けないため、絵画後は頂点を操作して編集することで精度を高めることができる。 今回は線状の図形を直線にし、線で囲った図形を角が丸い四角形になるように編集する。 1.編集したい図形を用意する。 フリーハンドで絵画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PowerPointで自由に図形を描く -Officeソフトの技(13)-

PowerPoint を始め、Office 製品には図形を絵画するツールが搭載されているが、四角形や丸型など定型のものしかない。 階段状のものや波状の帯など資料内容に応じて図形がほしい場合はインターネット上で配布されている無償のイラストを使うほか、自分で図形を絵画して用意することができる。 今回は PowerPoint で図形の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PowerPointで簡単に目次ページを作る -Officeソフトの技(12)-

Wordでは簡単な操作で目次作成ができるが、PowerPointには目次作成の機能がない。 スライドを挿入・削除や順序を前後させたりするのは非常に簡単だが、その操作後に目次を再編集するのが大変なので目次の再編集も見越してスライドを作成しておくと後々の目次作成が楽になる。 1.タイトル入力のあるスライドテンプレートを用意する …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Excelでセルの大きさが違う場合の連番 -Officeソフトの技(11)-

Excelでドラッグするだけでセルに連番を割り振ることができるが、セルを結合して大きさが異なるとそれができないことがある。 セルを結合している状態で連番を割り振ろうとすると、「この操作には、同じサイズの結合セルが必要です。」と表示される。 例として下図のように結合しているセル数が異なるものをいくつか用意する。 この状態で連番を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PowerPointで絵画したものを画像で書き出す -Officeソフトの技(10)-

画像を作成する場合、画像作成ソフトを利用しなくてもOffice製品で簡単な画像作成ができるのだが、コピー&ペーストで他のソフトへ移動させたり、HTMLに書き出した画像をブラウザで見るとうまく表示できないことがある。 主な問題点としては、PowerPointで絵画したものをコピー&ペーストすると背景が黒になったり、HTMLで書き出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more