テーマ:SEO・アクセスアップ

bing の検索結果に表示されない理由と対応方法

運営している複数のウェブサイトとブログの一部で Google の検索結果には表示されるが bing の検索結果に表示されない事象が発生したため bing のサポート窓口に問い合わせを行い、bing の検索結果に表示されない理由と対応方法について紹介する。 このページの目次bing の検索結果に表示されない理由クローラーが巡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10 年以上前のアクセス数 0 の記事が書き直し(リライト)で人気記事になった様子を紹介

[最新更新] 2021年07月07日 [初回公開] 2020年08月15日 一度公開したもののアクセス数が全く無い 0 のコンテンツや記事は書き直し(リライト)することで一時的だが検索結果の上位に表示されることがあり、検索エンジンから高い評価を得られればそのまま検索結果に上位表示されたままとなりアクセス数アップにつながるのでその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

構造化スニペットを使って検索結果で他のサイトより目立たせる方法

Google の検索結果画面で通常のサイトのタイトルと説明文の他に☆印が付いた評価やイベントの日時も一緒に表示されることがあるが、これはコンテンツの内容を検索エンジン向けにデータを構造化して検索結果のリッチスニペットを指定しているもので、その検索結果の表示が変わるデータの構造化の方法について紹介する。 このページの目次構造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検索結果にスニペットを表示する方法とクリック率を上げる効果について紹介

[最新更新] 2021年06月30日 [初回公開] 2020年09月26日 Google の検索結果画面にはスニペットと呼ばれるウェブサイトやブログのタイトルタブの内容や本文の概要などが表示される他、それらと一緒にページ内のショートカットとなるサイトリンクが表示されるリッチスニペットなど、いくつかあるスニペットの種類と表示方法、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初心者が始めやすい雑記ブログのアクセス数を増やす 3 つのポイントとやってはいけないこと

[最新更新] 2021年06月21日 [初回公開] 2021年02月08日 ブログには掲載内容を特定カテゴリに絞った特化ブログと反対にカテゴリを設けない雑記ブログの 2 種類に分かれ、初心者がブログを始める場合は雑記ブログが向いているが意識するとアクセス数(ページビュー)を増やすことができる 3 つのポイントとやってはいけないポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ページビューが平日と休日で違う原因とページビューを増やす対応策を解説

Google アナリティクスなどアクセス解析でページビューの推移を見ると平日が多くて休日が少ない、もしくはその逆であることがありその原因は自サイトまたはブログに掲載している内容とそのサイトへアクセスするユーザ属性に起因しており、平日と休日でページビューが違う原因と対応策について解説する。 このページの目次ページビューが平日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Twitter(ツイッター)のインプレッションでツイートの反応確認とサイトのアクセスアップに活用する

サイトのアクセスアップにTwitter(ツイッター)を利用する場合、ただつぶやくだけでなくそのつぶやいた内容がどれだけ見られたか、どれだけ反応がありサイトへの URL がクリックされたかなどをインプレッションで確認することができ、この数値を使ってより戦略的に Twitter を利用することができる。 このページの目次Twi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Google Search Console とページビューが必ずしも一致するとは限らない理由

Google にインデックス化されているかを確認する Google Search Console は SEO 対策を行うために重要なツールだが、このツールで確認できる数値やグラフが下がったり低いからといって決してページビューやアクセス数に比例するわけではない。 このページの目次Google Search Console と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Google Search Console で認知ページの有効数が減る原因と対応方法

Google Search Console ではクローラーが自動巡回するようにサイトマップを送信する他、その送信したサイトマップを含めて Google 側に正常に認知されているページ数や反対に問題やインデックスから除外されているページ数を時系列で確認することができるが、有効数が突然減る場合の原因と対応策について紹介する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイトやブログにどのような検索キーワードで訪れているか確認する方法

最近のウェブサイトやブログのアクセス数を増やすためには Google や Yahoo など検索サイトからの流入は不可欠だが、どのような検索キーワードで自身のウェブサイトやブログに訪問されているか確認してキーワードの選定やコンテンツのリライトすることでよりアクセス数の増加を見込むことができる。 このページの目次検索キーワード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検索エンジン bing にサイト登録して全体のアクセス数を増やす

SEO 対策で念頭に置く検索エンジンは Google か Yahoo としている人が多いと思うが、ここ数ヶ月は bing の検索結果からウェブサイトへのアクセス数が増加しており、まだ bing へサイトマップを送信してインデックス化していなければ全体アクセス数の底上げになるのは間違いない。 このページの目次検索エンジン b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Google Search Console の検索結果の表示件数が激減する原因と対応法

Google Search Console では自身のサイトやブログが検索結果にどれほど表示され、さらにクリックされたかの検索パフォーマンスを確認することができるが、ある日を境に検索結果の表示件数が激減する事象が発生したため、その原因と対応方法について紹介する。 このページの目次Google Search Console …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記事をリライトした直後の検索結果の変わり方と日付がリライト前に戻る現象

サイトのコンテンツやブログの記事をリライトした直後に検索結果の表示内容に変化があり、リライト時に time タグを入れたのでその日付が更新されたものの一定期間を経過すると time タグを無視して古い記事の公開日が検索結果に表示される現象が発生した。 このページの目次リライト時に行った点と目的time タグとはリライト直後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクセスが無い古い記事を削除することで SEO に影響があるかの検証と考察

このブログを開始してから 15 年近く経過して 2,000 を超える記事数になったが、当初は SEO を気にすることなく公開する記事のカテゴリーを絞っていなかったためこのサイトが何のカテゴリーに属すものか判断に難しく、それが検索結果の上位に表示されにくいと要因だと考え、既にアクセスが無く公開日が古い記事は削除してサイトをカテゴライズしや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Googleで検索されたキーワードと検索結果表示回数を確認する

ウェブサイトの管理人、運営者にとってアクセスアップの要は Google など検索エンジンの結果に自サイトがどれだけ表示されるか(SEO)にかかってくるが利用者がどのようなキーワードで検索したか、その検索結果に自サイトが何回表示されたかを確認することが"Google Search Console"でできる。 このページの目次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクセスの多いページを調査する -Googleアナリティクス-

Googleアナリティクスは専用のタグをサイト内に埋め込むことでサイトが表示された際にアクセス者の個人情報以外の属性やアクセスされたページなどの情報を集計してサイトの運営に役立てるアクセス解析ツールであるが、今回はその機能の中でどのページへのアクセス数が多いのかを確認する。 尚、前提として Google アカウントを所持して Go…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Google Mapに自社情報を掲載する -その2-

以前、"ローカルビジネスセンター"を利用してGoogle Mapに自社情報を掲載する方法を紹介したが、今回は実際に登録してみると関心する点とそうでない点が見つかった。 まずは"ローカルビジネスセンター"にアクセスすると地図の位置と名称だけでなく、営業時間やURLなど多くの情報を掲載することができる。   画面の誘導…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Google Mapに自社情報を掲載する

Googleで検索するとWebサイトの一覧の他に地図へアイコン化されている会社や店舗情報の結果も表示されるが、そこへ掲載するのに申請窓口があるようだ。   Googleの"ローカルビジネスセンター"がその申請窓口になる。 登録にはGoogleアカウントが必要だが、無料で申請することができて、店やサービスの住所、営業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more