Excelで小文字交じりの文字列を大文字にする -Officeソフトの技(20)-

ある単語や英文で大文字と小文字が入り混じっている時に大文字に一括変換したいときは Excel の関数を利用すると便利である。

文字数が増えると手入力で変更すると手間がかかるのと入力間違いをする恐れがあるので、機能を利用するのが確実だ。

1.変換前の文字列を入力する


Excel に変換前の大文字と小文字が入り混じった文字列を入力またはコピー&ペーストする。

変換前の文字列



2.セルに関数を入力する


任意のセルを選択し、次の関数を記入すると指定セルの値を大文字に変換してくれる。

=UPPER(セルの位置)


変換後の文字列


上図では変換前のセルは B2 にあるため、関数の()内のセルの位置は B2 を指定する。
以上で大文字交じりの文字列を大文字に一括変換する作業が完了する。

"Excelで小文字交じりの文字列を大文字にする -Officeソフトの技(20)-" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント