幽霊がコミカルで粋なことをする -ステキな金縛り-

HDDレコーダーの中に録画して放置されていた"ステキな金縛り"を観た。

とある殺人事件があり容疑者の弁護をすることになった主人公、アリバイを確定させるための証人が幽霊しかいなかったので証人として立ってもらうことにする。

 ステキな金縛り


証人が幽霊なので見えない人に対してどう信じてもらうかや証人自身が信頼しうる人物かも焦点になりなかなかおもしろかった。

やはりこの幽霊の落ち武者が魅力的で、長年この世にいるため現社会ととまどうことなく溶け込めている点やあの世とこの世を行き来できるのもストーリーをおもしろくしている。

この映画を観た後に現在放送中ドラマの"信長協奏曲"でも同じ役者さんが武士として出たので、落ち武者と被って感じた。

"幽霊がコミカルで粋なことをする -ステキな金縛り-" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント