iso や mdf のイメージファイルを起動する -WinRAR-

iso や mdf と呼ばれるファイル形式は一般的にイメージファイルと呼ばれ、CD/DVDから取り出したり場合や再生する際に用いられている。

日常ではあまり目にすることはないが、サーバOSの"RedHat"はisoファイルで提供されていたり、テレビ番組を録画するDVDプレイヤーをメディアに保存するとmdfで書き出されることがある。

これらのイメージファイルはCD/DVDに焼き、CD/DVDドライブで読み込まれることを想定されているためこのデータだけがデスクトップ上にあっても起動することはできない。
よくある解決法としては、パソコン内に仮想ドライブを作るソフトウェアをインストールし、そこから起動する方法が紹介されている。

その他の方法としては、圧縮/解凍ソフトから起動する方法がある。
"WinRAR"がその一つだ。
元々はデータ解凍用にインストールしていたものだが、isoなどイメージファイルも擬似的に展開できると聞きこちらを試してみた。
->RARファイルとは何なのか?

使い方は簡単で、"WinRAR"を起動した状態で中を見たいiso や mdf ファイルをドラッグドロップするだけでよい。

 WinRARでiso、mdfを起動


イメージファイルの中が解析された後、中身が一覧表示される。
上図はCDからインストールするソフトの中身である。
この中に「setup.exe」があり、これがインストールを実施するものだがダブルクリックするとインストーラーが起動して無事インストールできた。

インストール後もそのソフトは問題なく動作しているので仮想ドライブを利用しなくとも利用できることがわかった。

OSを構築することがなければあまり仮想ドライブを利用することがないため、圧縮/解凍ソフトで対応した方が利用用途があると思われる。

"iso や mdf のイメージファイルを起動する -WinRAR-" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント