「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます」が出る場合の対応

ブラウザでウェブサイトを見ていると「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます。」と表示されることがある。
その表示の横にあるボタン「すべてのコンテンツを表示」をクリックすると全て表示されるようになるので見る側としてはクリックするかしないか個々の判断に委ねられるが、ウェブサイトを運営している側からするとこのような警告が出るとそのままコンテンツを見ることなくブラウザを閉じられてしまうのではないかと心配になる。



セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます


1.セキュリティで保護されているコンテンツとは


セキュリティで保護されているコンテンツとは暗号化されている状態を示す。
インターネットに公開されているウェブサイトはサイトの住所を示すアドレス(URL)を見るとわかる通り、http で始まるものと https で始まるものがある。
http と https はどのようなルールで通信するかを明示しているもので、http は送った情報も送られてくる情報(ウェブサイトだとサイトの内容)がそのまま通信網を通ってくるのに対して https はブラウザとウェブサイト間で暗号化して通信されるものである。
暗号化しない分 http はサイト運営者も導入しやすく、https は暗号化するための証明書やサーバの設定など費用と一手間かかるものである。

「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます。」は暗号化(https)で通信しているはずのコンテンツの中に、暗号化せずに http で通信しようとしているものがあることをブラウザが警告として表示しているのである。

従来は個人情報など重要な情報をやり取りしないページは http で行い、個人情報を扱うページのみ https にしている傾向があったので http と https が混在していても問題無く表示できていたが、昨今のブラウザや Google など検索エンジンではサイト全体を https することを推奨するようになりこのように「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます。」と表示されるようになった。

2.セキュリティで保護されていないコンテンツを探す


「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます」が出る場合は https でアクセスしているのに、そのアクセス先のコンテンツの中に http で読み込もうとしているものがある場合がほとんどである。
よくあるのが外部から読み込み指定している画像、JavaScript、スタイルシートが挙げられる。
アフィリエイトなど広告を添付している場合はその広告タグが http のままである場合も多い。
「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます」が表示されるコンテンツの HTML ソースを確認(IE であれば右クリックして「ソースを確認」を選択)して http:// となっている箇所があれば https: に変更すればよい。

もし該当箇所がわからない場合は、ブラウザを開発者モード(IE だと F12 をクリック)を起動してタブ「ネットワーク」をクリックする。
タブをクリックした直後は何も表示されていないが、メニュー下部になる再生ボタン(緑色の三角形)をクリックしてコンテンツを再読み込みすると読み込んだファイルと読み込みまでの時間が表示される。

ブラウザの開発者モードを起動


ブラウザの開発者モードの一部を拡大したものが下図となる。

ブラウザの開発者モードの拡大図


/(スラッシュ)で始まるものはサーバ内からファイルを読み込んでいるので https でアクセスしているならば自動的に https で通信してくれる。
https://~となっている箇所はコンテンツがあるサーバ以外から読み込まれていることを示すが、同じ https 通信なので問題が無い。
問題があるのは図の最下部にある http://~の部分である。
「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます」が出る原因はここにある。

3.警告を表示させないための対応策


HTML のソースを確認したりブラウザの開発者モードで http で通信している箇所がわかれば、http: を https: に変更すれば解決する。
ただし、読み込もうとしているものが https に対応していない場合は「ページが見つかりません」となり正常動作しなくなるのでまずは https に対応しているかを事前に調査しておく必要がある。
アフィリエイトによっては http と https を省略した形式で src="//***.***.jp" のように記載を促すところもある。
この記載は http でも https でもどちらでも対応できるような書き方ではあるが、ブラウザのよっては http でも https のどちらでも読み込まないことがあるのでできれば明示的に https を記載するようにしたほうがよい。

"「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます」が出る場合の対応" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント