【手順は簡単】YouTube へ動画をアップロードと「HD バージョンを処理しています」の対応方法

YouTube はアップロードされた動画を見るサービスであるが、再生回数に応じて収益化することができるので芸能人や一般人など立場を問わず動画配信することに注目されているため、実際に YouTube へ動画をアップロードする方法について紹介する。

【手順は簡単】YouTube へ動画をアップロードと「HD バージョンを処理しています」の対応方法




1.YouTube に動画をアップロードする方法と流れ


YouTube に動画をアップロードする方法としては、アップロードしたい動画を用意できていればインターネットに接続できるパソコンやスマホを使ってアップロードすることができる。
動画をアップロードするためには YouTube のサイトまたはアプリで行うことができ、ここではパソコンを利用してアップロードする流れが下記となる。

1-1.YouTube にログインする


YouTube に動画をアップロードするためには、まず YouTube にログインしなければならないため、画面の右上にあるボタン「ログイン」をクリックする。
ログインに必要な情報はメールアドレスを利用した Google アカウントを予め取得しておく必要がある。

ボタン「ログイン」をクリック


ログインが完了すると通常の YouTube の動画の一覧が表示されたり検索する画面のままだが、左側に表示されるメニュー項目が変わるとともに、右上のボタン「ログイン」があった箇所が自身の画像やイニシャルが表示される。

1-2.YouTube クリエイターツールを表示する


YouTube にログインできれば、画面左側のメニューまたは左上にあるハンバーガーメニューをクリックして表示されるメニュー欄よりリンク「自分の動画」をクリックする。

リンク「自分の動画」をクリック




リンク「自分の動画」をクリックすると「チャンネルのコンテンツ」とある画面が表示されるが、一般的には「YouTube クリエイターツール」と呼ばれる自身がアップロードした動画の管理を行う管理画面となっている。

1-3.動画をドラッグしてアップロードする


YouTube クリエイターツールが表示されれば、YouTube に動画をアップロードするために画面の右上にあるボタン「作成」をクリックする。

ボタン「作成」をクリック


ボタン「作成」をクリックすると下図のように「動画をアップロード」と「ライブ配信を開始」が表示される。
今回は動画をアップロードして一般公開するので、リンク「動画をアップロード」を選択する。

リンク「動画をアップロード」を選択


リンク「動画をアップロード」をクリックすると画面上に大きくアップロードするウィンドウが表示されるため、この枠内にアップロードする動画をドラッグして放り込むか、ボタン「ファイルを選択」をクリックして対象の動画を選択するとアップロードが開始される。

動画のアップロード


動画をドラッグするとすぐにアップロードが開始され、アップロードが完了するまでの間に次の動画のタイトルやサムネイルなど設定を行う画面に切り替わる。

1-4.タイトルと説明を入力する


動画をアップロードしている間、YouTube の一般公開画面に表示される情報も一緒に登録することができ、まずタイトルと説明文を入力する。

動画のタイトルと説明文を入力


タイトルと説明文は後からでも編集することができるが、ここで入力が終えれば画面右下のボタン「次へ」をクリックする。



1-5.サムネイルと再生リストの設定する


次いで、YouTube の動画一覧画面に表示された際に表示するサムネイルと再生リストを登録することができる。
サムネイルと再生リストは特に設定する必要はなく、サムネイルが無い場合は動画の冒頭部分が YouTube の一覧画面に表示される。

動画のサムネイルと再生リストを設定


サムネイルは動画内に映像として登場する必要は無く、自由に用意することができるがファイルサイズは 2MB 以内に収める必要がある。
動画のサムネイルと再生リストの設定が終えれば画面右下のボタン「次へ」をクリックする。

1-6.対象視聴者を設定する


続いて、視聴者の対象が子供向けか、子供向け以外を申告する。
子供向けの場合は申告する必要があるため、ほとんどの場合は「いいえ、子ども向けではありません」で問題ない。

視聴者の対象を設定


視聴者の設定で「はい」か「いいえ」のどちらかにチェックを入れれば、画面右下のボタン「次へ」をクリックする。



1-7.字幕を追加する


最後に、動画の要素として字幕及び、動画の終了時に表示する内容を設定することができる。

字幕と動画終了時の追加


特に字幕と動画終了時の処理を入れる必要が無ければ、そのまま画面右下の「次へ」をクリックする。

1-8.動画のチェックを行う


ここまでで YouTube の画面に表示される設定が終了したので、アップロードした動画に著作権などの問題が無いかのチェックを行う。
動画のチェックは YouTube のシステム側で自動的に行われるので画面右下のボタン「次へ」をクリックするだけでよい。

動画の著作権のチェック




1-9.公開設定を行う


最後に、動画のアップロード及びチェックが終了した時点で、アップロードした動画を一般公開するのか、まだ非公開のままとするのかを設定する。
公開設定が終われば画面右下のボタン「保存」をクリックすると動画のアップロードと設定が終了となる。

動画の公開設定


以上で動画のアップロードに関する操作は終了となり、アップロードとチェックが終わるまでは下図の画面となる。
動作の進捗はウィンドウ最下部に「アップロード中」などメッセージが確認することができる。

動画のアップロード中の様子


1-10.アップロードの完了


動画のアップロード及びチェックが終了すると下図のような画面となり、公開設定で「公開」にしているとこの時点で YouTube から検索等でアップロードした動画が表示されて再生可能な状態となる。

アップロードの完了


公開したものの動画を一時的に非表示にしたい場合は、タイトルと説明を変更したい場合は YouTube クリエイターツールでアップロード済みの動画一覧画面で編集したい動画をクリックすると変更することができる。

アップロード済みの動画一覧




2.「HD バージョンを処理しています」の対応方法


動画をアップロードしてチェックを終えても稀に「HD バージョンを処理しています」と表示されたままで次に進まないことがある。
これは YouTube で高解像度の HD バージョンの動画を作成している状態を示しており、動画によっては数日かかることもある。

「HD バージョンを処理しています」の対応方法


「HD バージョンを処理しています」が表示されたままの場合は処理が終了するまでただ待つのみとなる。
このとき、標準動画の SD バージョンはアップロードが完了して YouTube 上では公開状態で再生できるので、YouTube クリエイターツールは閉じても問題無い。

関連記事


この記事へのコメント