【2021年版】Amazon のブラックフライデーの内容と購入時の 4 つの注意点

インターネット通販の Amazon で毎年 11 月下旬に期間限定で多くの商品が値引きされる「Amazon ブラックフライデー」の概要と購入者を欺き販売する業者がいるため、購入時の 4 つの注意点について紹介する。

【2021年版】Amazon のブラックフライデーの内容と購入時の 4 つの注意点




1.amazon ブラックフライデーとは


amazon ブラックフライデーとは 2021 年 11 月 26 日(金)09:00 から 12 月 02 日(木)23:59 までの 7 日間で開催される、一部商品が値引きされる期間である。

ブラックフライデーとはアメリカの 11 月の第 4 木曜日に「サンクスギビングデー(感謝祭)」と呼ばれる祝日があり、その翌日の金曜日からクリスマス・年末年始に向けて購入が増加して、店舗が黒字になることからブラックフライデーと言われるようになっている。



日本国内でもブラックフライデーと称して値引きセールを行うようになったのは 2000 年に入ってからである。

2.購入時に注意すべき 4 つのポイント


amazon ブラックフライデーは多くの商品が値引きされることから購入者にとってメリットのある 7 日間だが、現在の amazon は全ての商品の販売及び発送を amazon だけでなくマーケットプレイスと呼ばれる amazon 以外の業者も参入しているため、マーケットプレイスを始めとする購入時のトラブルが発生している。

amazon ブラックフライデーでの購入時に注意すべき 4 つのポイントは次の通りである。

2-1.前週よりも値上げしてことがある


amazon でブラックフライデー開催中の値引きされている商品は下図のように「BLACK FRIDAY」のタグが付いて分かりやすくなっている。

「BLACK FRIDAY」のタグ


タグが付いている商品は通常よりも値引きされて販売されていることが多いが、タグが付いていない同商品はブラックフライデー期間のみ値上げして販売するマーケットプライスが存在する。



そのため、ブラックフライデー開催期間前から欲しい商品が通常でどれほどの価格で販売されているか確認するとともに、同商品が他のマーケットプライスで販売しているか、amazon 以外の通販サイトではいくらで販売されているか購入前に確認したほうがよい。

2-2.レビューは信用してはいけない


最近の amazon は国内の店舗では扱っていない輸入商品が数多く取り揃えられており、安価で高品質なものもある。
これらの輸入商品は実際に手元に届いて使ってみないとわからないことが多く、購入するかの判断材料としてレビューを参考にする人が少なくないが、このレビューが業者が手配してサクラにより良いことしか記載していないことがある。

そのため、高評価しかついていない場合は粗悪品である覚悟を持つとともに、サクラのレビューかどうかをチェックするツールがあるためこれらを利用して購入するかの判断を行うとよい。

2-3.販売・出荷元が amazon でない


amazon で販売される商品は全ての販売と発送が amazon で行っているわけではないため、マーケットプライスと呼ばれる販売及び発送が amazon 以外の場合は梱包が雑で配送時に破損していたり、発送時から故障等が発生している可能性がある。

商品の取り換えや修理については amazon ではなく出品者となるマーケットプライスに連絡を取り指示を仰ぐため、信頼できるマーケットプライスから購入することをお勧めする。

2-3.商品が安くても配送料が高額なことがある


amazon 以外の出品者となるマーケットプライスの中には、販売する商品が非常に安いが、発送料金が高額な業者が存在する。
これは、購入者が商品の価格しか確認しておらず、カートに入れたあとは購入完了まであまり確認せず処理してしまうのを逆手に取った詐欺に近いものである。



対策としては販売と出荷が amazon からとするか、商品と発送料金を含めた最終的に必要となる費用が表示される画面までしっかりと確認して購入したほうがよい。

3.amazon のクーポンで 20% 以上安くなるチャンス


amazon のブラックフライデー開催期間中は、ブラックフライデーの対象商品でなくてもクーポンで 20% 以上安くなることがあり、商品一覧では通常価格でも「クーポンあり」のタグがある場合は安く購入できることがあるので、多くの商品を確認するとよい。

クーポンで 20% 以上安くなる


Amazonプライム会員で配送無料や動画見放題の特典を獲得


関連記事


この記事へのコメント