Windows11 へ無償アップグレードできるかの調査方法と Windows10 のサポート終了日

2021年10月05日に Windows11 がリリースされたことにより Windows10 を利用しているユーザは無償でアップグレードできるようになったが、スペックを満たさないパソコンはアップグレードできないため、アップグレードできるかの調査方法とアップグレードできない場合に Windows10 がいつまでサポートされるかについて紹介する。

Windows11 へ無償アップグレードできるかの調査方法と Windows10 のサポート終了日




1.Windows11 で必要なスペック


Windows7 から Windows10 へのアップグレードは無償で行うことができ、OS が動作するために必要なハードウェアのスペックも CPU が 32bit など Windows Vista 時代の古いパソコンでも問題なかったためほとんどのパソコンで Windows10 にすることができたが、Windows11 は求めるスペックが高くなったためアップグレードの対象から外れてしまうパソコンが多いようである。



下表は Windows11 が動作するのに必要な最小スペックである。

項目要求仕様
CPU1GHz 以上で 2 コア以上の 64bit 互換プロセッサ
メモリ4GB 以上
ストレージ64GB 以上の記憶装置
ファームウェアUEFI、セキュアブート対応
TPMTPMバージョン2.0
グラフィックDirectX 12 以上(WDDM 2.0ドライバ)対応
ディスプレイ対角サイズ9インチ以上で8bitカラーの高解像度(720p)


2.Windows11 がアップグレードできるかの調査方法


使っているパソコンが Windows11 へアップグレードできるかは Windows Update の画面で確認することができる。
Windows Update の画面はデスクトップの左下にあるウィンドウズマークを右クリックし、表示される項目の中から「設定 -> 更新とセキュリティ」を選択すると下図のウィンドウが表示される。

設定 -> 更新とセキュリティを選択


残念ながら Windows10 にアップグレードできない場合は、「この PC は現在、Windows11 のすべてのシステム要件を満たしていません。」と表示される。
どの項目でスペックを満たしていないかをさらに調査するには、画面内の「PC 正常性チェックを受ける」をクリックすると Microsoft のサイトが表示されるため「PC 正常性チェックアプリのダウンロード」をクリックしてツールをダウンロードする。

PC 正常性チェックアプリのダウンロードをクリック




ダウンロードしたチェックツールを起動、またはダブルクリックすると下図のような同意画面が表示されるため同意にチェックを入れてボタン「インストール」をクリックする。

同意にチェックしてインストール


Windows PC 正常性チェックツールのインストールが完了すると下図の画面が表示され、「正常性チェックを開く」にチェックしてボタン「完了」をクリックすると、そのまま起動させることができる。

Windows PC 正常性チェックツールのインストール完了画面


チェックツールが起動すると下図の画面が表示されるため、画面内にあるボタン「今すぐチェック」をクリックするとチェックを開始する。

ボタン「今すぐチェック」をクリック


Windows11 へアップグレードできるかのチェックが終了すると次の画面が表示される。
オレンジ色の!マークはアップデートしたり、レジストリを変更することで Windows11 に対応することができるば、赤色の×マークは現状では設定変更などで対応することができず、根本的に交換するなどこのままでは Windows11 へのアップグレードが難しいことを示している。

チェックツールでの診断結果


今回は「プロセッサは現在、Windows11 でサポートされていません。」と表示され、CPU が適合していないことが判明したが、チェックしたパソコンはノートパソコンのため CPU の交換が難しいためこのパソコンでは Windows11 へのアップグレードができないのがチェックツールにより判明した。



3.Windows10 のサポート終了日


Windows11 が動作するために必要なスペックとして、メモリやストレージは拡張することができるので対応は難しくないが、CPU やグラフィックボード(カード)はパソコン内部の基盤そのものと言っておかしくなく、特にノートパソコンでは買い替えるしか手段が無い。

しかし、Windows11 がリリースされても Windows10 を使い続けることは可能なので、Windows10 のサポート期限内の間はパソコンの買い替えを検討するとともに、購入費用を確保する期間でもある。

Windows10 のサポートは 2025 年 10 月 14 日にサポートが終了する。
ただし、Windows10 でも定期的に配布される Windows Update を適用した最新バージョンにしていることが条件となる。

関連記事