【2021年版】今注目される週 2 日稼働の週末副業と収入額

コロナ禍で減った残業代の補填や今は安定していても何時何事で生活が不安定になるかもしれないので蓄えを増やすために平日は本業で働きながら週末の休みに副業する人が増えており、今注目されている業種を紹介する。

【2021年版】今注目される週 2 日稼働の週末副業と収入額




1.週末副業とは


週末副業とは、平日に働くサラリーマンがアルバイトやパートなど店舗や事務所で時間と肉体を拘束して働いて対価を得るのではなく、休日や夜間などスキマ時間に自分のペースで稼働して収益を得るスタイルのことである。



昔からウェブサイトやブログなどの広告収入や、中古本など仕入れた商品を仕入れ額よりも高い値段で販売して利益を得るせどりが副業として挙げられていたが、コロナ禍で市場の需要が変わったのとスマホの普及によりオンラインを使った新しい業種が注目されている。

2.【副業1】ライブ配信


注目されている新しい副業の 1 つにライブ配信が挙げられる。
Youtube など動画を撮影して音声や字幕を付けて編集するものではなく、リアルタイムに動画配信するもので主に商品を紹介するとともに視聴者からの文字や音声チャットによる質疑応答ができる点が従来の動画配信とは異なる。

収益はライブ配信を視聴するための番組料を徴収するパターンと、紹介した商品を購入してもらうことでの報酬または販売額が利益となる。
もし自作のイラストやプラモデル、手芸作品などがあれば自身が設定する価格で販売できる。

3.【副業2】Web 用素材販売


注目されている新しい副業の 1 つにWeb 用素材販売が挙げられる。
Web 用素材とはウェブサイトで利用する写真やイラストを主に指すが、ポスターやパンフレットなど印刷業界でも多く利用されている。
pixta など写真販売サイトで写真をアップロードして販売すると、1 点あたり数百円から数千円の利益となる。



販売する素材はスマホで撮影した身近な風景や小物でも購入されることがあり、人物が映るあるシーンであったり海外の風景であれば高額になる傾向がある。

4.【副業3】シェアリングサービス


注目されている新しい副業の 1 つにシェアリングサービスが挙げられる。
例えば自宅やマンションの駐車場を所有しており、平日日中は車で出勤して駐車場が未使用の時間帯を第三者に貸し出すことで利益となる。
都心の駐車場代は月額数万円ほどで、高いところでは 4 から 6 万ほどするので日中と夜間と分けて駐車場をシェアすることで無駄なく収益化が可能となる。

また、週末しか車に乗らない人は平日に車を貸し出すシェアサービスを提供することが可能で、1 回あたり数千円ほどの利益となる。
頻繁に車に乗らないので車を所有していないものの、高額になるタクシーは利用したくないという人に向けてニーズがある。

関連記事