Android で Web サイトの HTML ソースを確認する方法


[初回公開] 2021年08月23日

パソコンでウェブサイトを表示する場合は簡単な操作で HTML ソースを見たりデバッグを行うことができるが、Android はパソコンのブラウザほどの機能が無く、HTML ソースの確認方法も異なるためその方法について紹介する。

Android で Web サイトの HTML ソースを確認する方法




1.HTML ソースで得られる情報


HTML ソースで得られる情報は表示している画面を構成している HTML タグの他、広告やアクセス解析などサイト内に貼りつけられている外部サービスの利用状況を確認することができる。
場合によっては Wordpress などどのような CMS を利用しているかといったウェブサイトの運用状態を把握することもできる。

パソコンのブラウザではウェブサイトを表示した状態でマウスを右クリックして表示されるメニューより「ソースの表示」を選択すると確認することができるが、Android などスマホでは右クリックが無いため次の方法で HTML ソースを確認する。



2.Android で HTML ソースを確認する方法


Android で HTML ソースを確認する方法としては、ブラウザを表示して URL の入力欄に下記のように「view-source:」を URLの http または https の前に付けると HTML ソースが表示される。

view-source:https:https://{ウェブサイトの URL}/


URL 欄に view-source: を付ける


URL に「view-source:」を付けてエンタキーをタップまたは実行を行うと下図のように HTML が表示される。

Android で HTML ソースを表示した様子


留意事項としては Android OS で動作する下記の 4 つのブラウザでは view-source: が利用できるが、iOS の safari は view-source: に対応していないため HTML ソースを確認することはできない。

□view-source: で HTML ソースが表示できるブラウザ
・Chrome
・FireFox
・Opera
・Edge



3.HTML ソースを確認する利用シーン


HTML ソースを確認する利用シーンは主に Web サイトを制作する現場で利用することが多い。
スマホ向けの Web サイトはパソコン版と別にスマホ用の HTML を書き出す機能を利用している場合があり、スマホ実機で確認する時に HTML ソースを確認することがある。

関連記事