フロントミッション感が溢れるガンプラのグレイズの素組みを紹介

ガンプラで発売されている機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズシリーズの主人公達と交戦する組織の量産機グレイズの一般機/指揮官機を塗装無し、合わせ目は消さずにそのまま素組みした様子を紹介する。

フロントミッション感が溢れるガンプラのグレイズの素組みを紹介




1.グレイズの製品仕様


グレイズ(一般機/指揮官機)は鉄血のオルフェンズの武力組織「ギャラルホルン」の量産型のモビルスーツで頭部に角が無いのが一般機、角があるのが指揮官機となっておりパーツの差し替えで再現できるようになっている。

HG グレイズ 1/144 スケールのパッケージ


頭部は上下に開閉することができ、内部には球状のパーツも組み込まれている。
武装パーツはライフルとバトルアックスが付属しており、手の甲のパーツを外して武器を挟み込むようにして手に持たせることができる。



2.グレイズの販売価格


店頭では 1,000 円前後、インターネットでは 1,500 円前後で販売されている。



3.グレイズの内容物


 ・グレイズ本体× 1
 ・ホイルシール× 1
 ・組立説明書× 1

4.グレイズの操作性


ガンプラは基本的に接着剤不要のプラモデルのため、ニッパーなどでランナーからパーツを切り離して組み立てるだけなので小学生低学年程度でも扱える商品となっている。
ガンダムの特徴とも言える頭部前面に装着するアンテナのように細かく小さな部品は無いためランナーから取り外す際に折れる心配は少ない。

グレイズを素組みした状態


腕のパーツが多く多彩なポージングは可能で、脚部の開閉域も拾い。

5.グレイズの満足点


グレイズの満足点としてはシンプルなデザインなため余計な凹凸が無くポージングしやすい。



6.グレイズの不満点


グレイズの不満点としては腕が多彩に動く反面、パーツが多いので重心が高くなり自立が難しいため、別途アクションベースなど支柱が必要になる場面がある。
背面のパーツが取れやすいのもやや難点。

7.グレイズの総評


グレイズはガンダムと違い量産機特有のデザインとカラーリングがシンプルで戦場を部隊としたシミュレーションゲーム「フロントミッション」に登場するロボットのような無骨さがあり、ライフルとアックスの装備でよりフロントミッション感が出る。
脚部がよく曲がるので座るポーズが取れるのが HG のガンプラにしてはめずらしい。
凹凸が無いシンプルなデザインかつカラーリングもシンプルなので合わせ目消しや塗装の練習台に向いている。

関連記事