iTunes で取り込んだ CD 音楽の保存先とバックアップ方法を紹介

CD の音楽を iTunes で取り込んだ後に改めてプレイリストに追加したい場合や、パソコンの入れ替えで音楽データも違う端末に移し替える場合に取り込み済みの CD 音楽が保存されている場所を確認するとともに、バックアップ方法を紹介する。

iTunes で取り込んだ CD 音楽の保存先とバックアップ方法を紹介




1.iTunes で CD 音楽を取り込む方法


iTunes にレンタルや購入した CD 音楽を取り込むには、CD を読み込むことが出来るドライブが付いたパソコンに iTunes を起動した後に CD を入れると自動的に CD 内の音楽タイトルとアーティスト名を取得して一覧表示される。

この時にライブラリに追加(インポート)するか確認するウィンドウが表示されるため、ボタン「OK」をクリックすると設定されている保存先に CD の音楽データが保存される。

iTunes に音楽を取り込んだ後の状態


iTunes に CD 音楽を取り込むと、iTunes 内ではライブラリで確認することができる。
アーティスト別、アルバム別など異なる表示形式で確認することができるが、元となっている音楽ファイルはパソコン内に保存されている一つのファイルを参照している。

2.iTunes で取り込んだ音楽データの保存場所


iTunes で取り込んだ CD 音楽は Windows であれば「C:\Users\{ユーザ名}\Music\iTunes\iTunes Media\Music」に保存される。
{ユーザ名}は利用しているパソコンによって異なるため自身が利用している環境を確認してほしい。

iTunes で取り込んだ音楽の保存先


フォルダパスでのアクセスが難しければ、何かフォルダを開き、左のメニューから「ミュージック」を選択するとフォルダ「Music」があるのでそこから音楽データのあるフォルダに辿ることも可能である。

C:\Users\{ユーザ名}\Music\iTunes\iTunes Media\Music


3.iTunes で取り込んだ音楽データのバックアップとデータ移行の方法


iTunes で取り込んだ音楽の保存先となるフォルダ「Music」内はまずアーティスト名別に分けられており、さらにその中を見るとアルバム名ごとに分けられている。
最終的には下図のように音楽一曲ずつが MP3 の形式でパソコンに保存されている。

iTunes で取り込まれた音楽ファイルの一覧


異なるパソコンに移動したりバックアップする場合は、この MP3 のファイルをコピーすることでバックアップが完了する。
取り込み済みの音楽全てをバックアップするのであれば上の階層のフォルダ「Music」ごとバックアップするとよい。

次にバックアップした音楽ファイルを異なるパソコンの iTunes に移動させる場合は、移動先のパソコンにも iTunes があれば同じくフォルダ「Music」があるのでそちらに移動させるか、任意で用意したフォルダに移動させる。

移動した音楽ファイルは iTunes を起動してライブラリまたはプレイリストを表示した状態で、その画面に音楽ファイルをドロップすると自動的にライブラリに追加され、iPod でも同期が可能な状態となる。

関連記事