100 均のワイヤーネットを使って自立型ホワイトボードを作成する方法

仕事をするデスクやリビングなどホワイトボードを壁に掛けるのではなく、100 均のワイヤーネットなどを活用して場所を選ばない移動性がある自立型のホワイトボードを作成する方法を紹介する。

100 均のワイヤーネットを使って自立型ホワイトボードを作成する方法




1.自立型ホワイトボードのメリット



自立型ホワイトボードの外観


ホワイトボードを自立型にするメリットとしては「作業効率アップ」と「感染防止」の 2 つを挙げることができる。

1.自立型ホワイトボードで作業効率を上げる


ホワイトボードを自立型にする 1 つ目メリットは作業効率のアップである。
ホワイトボードは壁に掛けて利用することが多いが、デスクで作業をしているとホワイトボードがある壁側まで近寄る必要があり座りながら手の届く範囲で利用できる環境は少ない。

そこでホワイトボードを自立型にしてデスク周りに配置することでメモなどすぐに書き込みたいものを書き込み、不要になると消して再利用できるのでタスク管理など作業効率アップにつながる。
また、ホワイトボードはマグネット式であることが多いので、書類などを一時的に留めて資料スタンドとして利用することでデスク周りを有効活用することができる。

2.自立型ホワイトボードで感染予防する


ホワイトボードを自立型にする 2 つ目メリットはコロナウィルス等の感染予防の効果アップである。
最近のコロナ禍では感染予防のためオフィスでは背の高いパーティションを設置したり、店舗であればアクリル板を設置するのが常例になりつつあるが、一度設置すると手軽に移動しづらくなるデメリットが発生する。

その点、自立型のホワイトボードは面が広く板状のため飛沫などが飛散するのを食い止める効果が期待できる。
特にオフィスでは前後の席に対してパーティションは設置されていても左右に設置できる小型のパーティションが無い場合があるので自立型のホワイトボードで代用することができる。

2.自立型ホワイトボード作成に購入するもの


自立型ホワイトボードの作成にあたり購入するものは全て 100 均で揃えることができ、次の 5 点である。

100 均のホワイトボード


まず 1 点目は今回の主役とも言えるホワイトボードである。
大きさは後述するワイヤーネットに収まるものとし、四角に壁掛けのための紐通しの穴が空いているものを選ぶ。
ホワイトボードの書き込む面がマグネット付きになっていれば前述した通り、マグネットで資料等も留めることができ便利である。

100 均のワイヤーネット


次に用意する 2 点目の商品はワイヤーネットである。
このワイヤーネットも本来は壁に掛けて利用するのが主の使い方だが、100 均にはこのワイヤーネットを自立させるスタンドが販売されているので、自立させたワイヤーネットにホワイトボードを連結して利用する。

100 均のワイヤーネット用スタンド


そして 3 点目に用意するものが、前述したワイヤーネットを自立するための専用スタンドである。
このスタンドにワイヤーネットを工具無しに組み立てることができる商品である。

次に 4 点目に用意するものが、ビニール紐である。
これはワイヤーネットとホワイトボードを連結させるために利用し、今回は新聞紙等を束ねるのに利用するビニール紐を利用する。
自宅に既にビニール紐があればそれで代用することもできるとともに、材質はビニールでなくても細い紐状であれば問題無い。

100 均のワイヤーネットカゴ


最後の 5 点目はワイヤーネットカゴである。
ワイヤーネットカゴは無くても自立型ホワイトボードは完成するが、ワイヤーネットに連結させたホワイトボードをより固定させることができるとともにホワイトボード用のマーカー等を収納することができるオプション的な位置付けである。

3.自立型ホワイトボードの作成方法


自立型のホワイトボードの作成方法としては、まずワイヤーネットをスタンドにはめ込み自立するように組み立てる。

スタンドにワイヤーネットをはめ込む


スタンドにはワイヤーネットの受け留め具が付いているので、その形状に合わせてワイヤーをはめるだけ完成する。
自立させるため、ワイヤーネットの両端にスタンドを取り付ける。

ホワイトボードの紐通しに紐を通す


次にホワイトボードの四角にある紐通しに紐を通してワイヤーネットに括り付ける。
この時、ワイヤーネットカゴに乗るように位置調整するとホワイトボードがグラつかず安定する。

自立型ホワイトボードの外観


そうして出来た自立型のホワイトボードが上図である。
ホワイトボードの上部二点のみビニール紐で固定し、下部はワイヤーネットカゴに乗るようにしている。

今回利用したホワイトボードのサイズが縦 38cm、横 28cm のため A4 サイズ(縦 29.7cm、横 21.0cm)より一回り大きいので A4 をマグネットで貼り付けても余裕ができる大きさである。

ワイヤーネット 1 枚に対して両端にスタンドを組み立てているが、ワイヤーネットを 2 枚にして別途ワイヤーネット用の連結具を用意すると開閉する自立型のホワイトボードに拡張することも可能である。

関連記事