Windows 10 で画像を右クリックしたときにプレビューを追加する方法

Windows 7 以前は画像ファイルを右クリックすると画像を表示する機能(プレビュー)が搭載されていたが、Windows 10 からは右クリック時にメニューに表示されなくなったのでプレビュー機能の復活させる方法を紹介する。

Windows 10 で画像を右クリックしたときにプレビューを追加する方法




1.Windows のプレビューとは


Windows のプレビューとは、Windows フォトビューアーなど Windows の初期インストールされている画像表示ソフトで画像を表示するショートカット機能のことである。

画像ファイルをダブルクリックしても画像の参照を行うことができるが、ダブルクリック時に実行させるソフトが画像編集ソフトなど起動に時間がかかる場合は、右クリックメニューのプレビューを利用するとすぐに画像を確認することができる。

Windows フォトビューアーで画像を横断


また、Windows フォトビューアーの画面下部にある左右の矢印をクリックすることで、表示した画像ファイルがある同フォルダ内の他の画像を次々に横断的に表示することができるので 1 つずつ画像編集ソフトで開く手間が無く便利である。

2.画像の右クリック時にプレビューを追加する方法


画像ファイルを右クリックしたときにプレビューを追加する方法は次のようにレジストリを編集するだけで、画像表示用のソフトウェアを別途インストールすることなく実現することができる。

2-1.レジストリ編集画面を表示する


プレビューを追加する最初としてデスクトップ左下のウィンドウズマークを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択する。
表示されたウィンドウの入力欄に regedit と入力してボタン「OK」をクリックする。

regedit を入力して OK をクリック


2-2.レジストリにキーを追加する


regedit を実行するとウィンドウ「レジストリエディター」が表示される。
画面の左欄にあるツリーから「コンピューター\HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\image\shell」まで表示させる。

shell まで移動


次に shell を選択した状態で右クリックし、「新規 -> キー」をクリックすると shell のツリーの配下に「新しいキー #1」が追加されるので、「新しいキー #1」の名前を openwpv に変更する。

キー「openwpv」を追加


2-3.右クリック時の項目を追加


キー「openwpv」を追加した後、右クリック時のメニューに「プレビュー」を表示させる設定を行う。
レジストリエディター内で追加した openwpv を選択すると右欄に「(既定)」があるため、これをダブルクリックしてウィンドウ「文字列の編集」を表示させる。

値にプレビューを設定


値のデータの入力欄に「プレビュー」と入力してボタン「OK」をクリックする。

2-4.プレビュークリック時の処理を設定


次に右クリックメニューの「プレビュー」をクリックした時の処理を設定する。
openwpv を選択した状態で右クリックし、「新規 -> キー」をクリックすると先ほどと同じく openwpv のツリーの配下に「新しいキー #1」が追加されるので、「新しいキー #1」の名前を command に変更する。

キー「command」を追加


追加した command を選択すると右欄に「(既定)」があるため、これをダブルクリックしてウィンドウ「文字列の編集」を表示させる。

値にビューアーのパスを設定


値のデータの入力欄に「%SystemRoot%\System32\rundll32.exe "%ProgramFiles%\Windows Photo Viewer\PhotoViewer.dll", ImageView_Fullscreen %1」と入力してボタン「OK」をクリックする。

2-5.アプリケーションの識別子を設定


最後に、追加したレジストリキーが指定したアプリケーションが利用できるように識別子を登録する。
command を追加した時と同じく、openwpv を選択した状態で右クリックし、「新規 -> キー」をクリックしてキーを追加する。
追加された「新しいキー #1」の名前を DropTarget に変更する。

追加した DropTarget を選択した状態で、新たに「新規 -> 文字列値」をクリックすると、右欄に「新しい値 #1」が生成される。
「新しい値 #1」を右クリックして「名前の変更」から CLSID と名称を変更する。

DropTarget に文字列値を追加


追加した CLSID をダブルクリックしてウィンドウ「文字列の編集」を表示させ、値のデータの入力欄に「{FFE2A43C-56B9-4bf5-9A79-CC6D4285608A}」と入力してボタン「OK」をクリックする。
レジストリの編集はこれで終了となるため、レジストリエディターも右上の×印をクリックして閉じる。

文字列の編集で値を入れる


3.画像を右クリックした時の様子


レジストリに追加が終了すれば、画像ファイルを右クリックすると「プレビュー」が追加されているのを確認できる。
そのまま「プレビュー」をクリックすると Windows フォトビューアーが起動して下図のように画像が表示される。

Windows フォトビューアーで画像を表示


関連記事