100 均のダイソーで販売されている VR ゴーグルの使い心地をレビュー

VR ゴーグルは本体に OS が搭載されている本格的なものとスマホをゴーグルに装着する簡易的なものの 2 種類があるが、100 均のダイソーでも数千円相当の製品と遜色無い製品が販売されるようになり、その 100 均の VR ゴーグルの製品レビューと使い心地を紹介する。

100 均のダイソーで販売されている VR ゴーグルの使い心地をレビュー




1.VR ゴーグルとは



VR(Virtual Reality)ゴーグルとは、頭部に装着するゴーグルのことで VR 対応コンテンツをゴーグルを介して見ることで仮想体験できるデバイスである。
VR ゴーグルには 2 種類あり、ゴーグル自体に OS が搭載されてゴーグル自体がコンテンツの再生とレンズが搭載されたものと、Android や iPhone といったスマホを装着するものがある。

前者の OS が搭載された VR ゴーグルは VR 対応のコンテンツをゴーグルにインストールすることで視聴したり、ゲーム機と接続して VR 体験を行うことができ、ゴーグルの価格は数万円探知と比較的高額となる。

対して後者のスマホを装着するタイプはスマホ内に VR 対応コンテンツをインストールしてスマホで再生する。
その再生されているものを VR ゴーグルのレンズを通して視聴するもので価格は数千円程度で安価なものが多い。

2.100 均のダイソーで販売されている VR ゴーグルの内容


100 均のダイソーのバーチャルリアリティ VR ゴーグル

100 均のダイソーで販売されている VR ゴーグルは 500 円(税抜)で販売されており、頭部に装着するので 100 均店内で販売されている製品の中でも重量とやや大きさのある商品となっている。
販売されているコーナーは携帯電話グッズまたは電気製品となり、上図のように箱型で販売されている。

100 均のダイソーの VR ゴーグルの外観


箱から VR ゴーグルを取り出すと上図のような外観となっており、ベルト部分やプラスチック部分に粗悪なところはなくしっかりとした作りとなっている。
頭部に装着するベルトは水平方向に一本と、前頭から後頭に向けて一本伸びており、サイズ調整もできるので装着時にぐらつくことはない。

100 均の VR ゴーグルのピント合わせ


ダイソーで販売されている VR ゴーグルは眼に当てる箇所に厚めのクッションが付いており、その付近にレンズの左右の焦点を調整するスライダーも搭載されているので、VR ゴーグルを装着して視聴に違和感を覚えたらピント機能で見やすい位置に調整することができる。

3.100 均の VR ゴーグルの使い心地


100 均の VR ゴーグルの使い心地

100 均のダイソーで販売されている VR ゴーグルの使い心地としては、スマホを装着して視聴する簡易的なものなので視聴する内容は動画コンテンツにより良くも悪くもなる。
しっかり VR 用に作成された片目ずつの動画コンテンツであれば立体感ある視聴を楽しむことができるが、一枚画像の動画はダブって見えてしまう。



一枚絵の動画には向いていない
一枚絵の動画とはパソコンやスマホで再生する動画を VR 用に端末を傾けるとその方向に絵が移動するものだが、その一枚の絵を両目でレンズで見ようとするので焦点がズレてしまいダブって見えてしまう。

片眼ずつ分かれた動画の場合は立体的に見えるのが良い
片眼ずつ分かれた動画コンテンツの場合は VR ゴーグル用に調整されて作成されていることもあり、この 100 均の VR ゴーグルでも立体的に見え、臨場感あるコンテンツを楽しむことができる。



両目のピント調整できるのが良い
片眼ずつ分かれた動画コンテンツを視聴するためには自身の目の位置に合った焦点でなければならないが、そのピントの焦点を調整する機能がこの 100 均の VR ゴーグルには搭載されているので多くの VR 対応コンテンツに対応できるだろう。

ベルト調整できるのがよい
スマホを VR ゴーグルに装着するだけでも VR ゴーグルの元々の重量と合わさって少々重くなるが、ベルトがしっかり固定できるのと、ベルトの長さが調整できるので自身の頭部の大きさにピッタリに合わせることで頭を上下左右に振ってもゴーグルがズレにくくなっている。​

眼の周辺もピッタリフィットするのがよい
VR は動画コンテンツに没頭できるのが重要になってくるが、ゴーグルのレンズ回りのクッションが頭部にピッタリフィットするので閉塞的な空間を作り出すので光や周りの景色が入ってこないので動画コンテンツに集中しやすい環境を生み出してくれる。

4.100 均の VR ゴーグルの総評



500 円(税抜)という安価な価格とあって VR ゴーグルとしてはあまり期待していなかったが、いざ利用してみると期待以上の視聴を楽しむことができた。
スマホで再生したものをレンズ越しに視聴するので没頭度は OS 内臓型の VR ゴーグルに比べると落ちるが、YouTube などで配信されている VR コンテンツで十分、臨場感を味わることができる。
結局のところは VR の動画コンテンツ次第になってしまうが、今後 VR 動画が増えればこの 100 均の VR ゴーグルの活躍の場も増えるだろう。



関連記事