システムエンジニアになるために身に付けておくべきスキルとは

Twitter や就活中の学生や求職者と話す中でよく聞かれるのが「システムエンジニア(SE)になるにはどのようなスキルが必要ですか?」と聞かれることが多いため、自身の経験を踏まえてシステムエンジニアになるためとシステム会社への内定に近づくために必要なスキルを紹介する。

システムエンジニアになるために身に付けておくべきスキルとは




1.システムエンジニアとは





「システムエンジニア(SE)になりたい」とよく耳にするが、実際にシステム構築するプロジェクトに就くと役割に応じてさまざまなスキルが必要となり、その役割によって身に付けるべきスキルが異なる。
システム構築で必要や役割は主に下記の 5 つが挙げられ、プロジェクトによっては登場しなくてよい役割や、一人が何役か掛け持つ場合がある。

1-1.プロジェクトを管理する


プロジェクトを管理する担当者はプロジェクトリーダーと呼ばれることが多く、発注者が求める要件に沿ってシステム開発して納品までを取りまとめる。
具体的には発注者と仕様の調整を行い、その内容を自社または外注の各作業者に指示を出す。
さらに行程スケジュールに遅れが出ていないか確認し、臨機応変に対応するのが主な役割となる。
システムに導入するプログラムや製品の詳細までは理解する必要がないが、全体構成を把握するために広く浅く知識を有しているおいたほうがよい。



1-2.システムを設計する


システムを設計する担当者は、求められる要件がこれから開発するシステムで満たすように必要なソフトウェアやアプリの他、製品などを選定してシステムに機能の不足や問題が無いように構想するのが主な役割となる。
開発者に指示するためにシステムで用いるデータ内容や通信経路などを熟知する必要があるので深く知識を有しておくのが望ましい。

1-3.ソフト・アプリをプログラムを書く





ソフトウェアやアプリをプログラムする担当者はプログラマーと呼ばれることが多く、システムの設計に基づき要求されている機能が動作するようにプログラミングするのが主な役割である。
プログラム言語にはいくつか種類があるが全てのプログラム言語が扱える必要は無く、プログラムの基本的な構文を理解していればシステム開発することはできる。
プログラムが動作する土台となるサーバについても知識を有しておくのが望ましい。
後述するネットワーク技術者とは毛色の異なる職種となるため、ネットワーク設定もできるプログラマは少ない。

1-4.ネットワーク設定をする


ネットワークを設定する担当者はネットワーク技術者と呼ばれることが多く、システム内でやり取りされるデータが通信できるようにするのが主な役割である。
ネットワーク通信のほとんどが利用するネットワーク機器製品に依存するため、ネットワークの基本的な知識に加えて利用する製品知識も必要になる。
前述したプログラマーとは毛色が異なる職種のため、ネットワーク技術者でプログラムもできる担当者は少ない。

1-5.システムの動作試験をする


システムの動作試験を行う担当者はテスターと呼ばれることが多く、システムが設計通りに動作するかや発注者の要件を満たしているかなどを確認するのが主な役割となる。
プログラムとネットワークについて深く知識を要する必要はないが、設計書に無いことやプログラマーやネットワーク技術者が想定していないような使い方をして問題が無いかを確認する必要があるので多角的に物事を見れる必要がある。

大手スマホゲーム運営会社など Web エンジニアの転職検討中の方へ

大手スマホゲーム運営会社など Web エンジニアの転職検討中の方へ

転職成功者の93.8%が平均126万円年収を上げています...



2.システムエンジニアになるために必要なスキル(初級編)





システムエンジニアになるためには前述の通り、プロジェクト内における自身の役割によって求められるスキルが大きく異なるが、どの役割でも基本的に身に付けておかなければならないスキルが下記の 4 点である。

2-1.パソコンの基本操作ができる


システムエンジニアはパソコンの操作が不可欠なため、パソコンの電源オン / オフを始め、マウスのダブルクリック、キーボードによるコピー&ペーストといったパソコンの基本操作スキルが必要である。
パソコンの基本操作スキルを身に付けるには日々、 Web サイトや SNS でもいいのでパソコンの操作で慣れておくことである。

2-2.事務系ソフトウェアが操作できる


システム開発のプロジェクトで用いられる設計書や試験仕様書はほぼパソコンで作成されて共有されるため、資料作成のため事務系のソフトウェアが操作できるスキルを有しているのが好ましい。
事務系ソフトウェアは Microsoft 社の Office 製品が代表格となり、自治体だけでなく多くの企業で利用されている。
Office の中でも表計算ソフトの Excel は資料作成においても幅広く活用されているので特に Excel の操作には慣れておいたほうがよい。
事務系ソフトウェアの操作スキルを身に付けるには書籍やインターネットの情報から入手することができ、そのソフトウェアでどのようなことができるかを頭に入れておけば、いざ利用する際にスムーズに作業を進めることができる。




2-3.わからないことは調査できる


プログラムやネットワーク構築を行っているとわからないことが必ず出てくるので Google や Yahoo などインターネット上の検索システムを利用して調査できるスキルは有しておきたい。
特にプログラムやネットワーク機器はほとんどが海外製なので、英語も多少読めるとよいが最近では英語サイトを日本語に変換する翻訳サイトがあるので英語が少々不得意でも支障は無い。
注意点としてはインターネット上に公開されている情報は古い情報だったり、嘘・書き間違いもあるので全てを鵜呑みにせずに得た情報を分析して利用する必要がある。

2-4.トラブルの事象を見極めて解決ができる





プログラムやネットワーク構築中には想定通りに動作しないといったトラブルが多々あり、どうしてそういう事象が発生するのか、どのようなときにその事象が再現するのか原因を特定するスキルが必要になる。
トラブルの原因を追究するためには正常なところと問題のある個所を一つずつ切り分けて把握するため、論理的な思考を行うように心がけるとよい。

3.システムエンジニアになるために必要なスキル(上級編)


システムエンジニアとしてプロジェクトで任される役割によって身に付けておくべきスキルは大きく異なり、その役割によって求められるスキルもより高度なものになる。
就活する学生や求職者はこれまでの自身の経験がロジェクトのどの役割で能力は発揮できるのか把握して伝えることができれば大きなアピールポイントとなり、内定に結び付く可能性が高まる。

3-1.スケジュールとリスク管理ができる


システム開発のプロジェクトにはサービスリリースや納品日といった期日があるため、期日を守るためのスケジュール管理と問題を生じさせないようにリスクを排除する管理能力が必要なる。
スケジュール管理はプロジェクトリーダーを始めプログラマーやテスターなどプロジェクトに関わる全員に言えることだが、特にプロジェクト全体を管理するプロジェクトリーダーにはスケジュールとリスク管理する能力は不可欠である。
スケジュールの遅延は発注者との契約上、損害賠償の問題にも発展しかねないため日頃からスケジュールの進捗確認と各担当の状態をコミュニケーションにより把握し、スケジュールが遅れた場合や機能に問題が生じるなどリスクにどう対応できるかが肝となる。

大手スマホゲーム運営会社など Web エンジニアの転職検討中の方へ

大手スマホゲーム運営会社など Web エンジニアの転職検討中の方へ

転職成功者の93.8%が平均126万円年収を上げています...



3-2.プログラムの基本構文が理解できる


ソフトウェアやアプリケーションを開発するプログラマーは if 文やループ文といったプログラムの基本的な構文を理解していれば世に出回っているさまざまなプログラム言語に対応することができる。
プログラム言語はバージョンアップが日々行わており、便利になる機能が追加されたり、これまで使えていた機能が使えなくなるなどプログラムの扱いが変わるものが多い。
そのため、一つの言語を習得してもそのまま何十年も利用できるものはごく僅かで、同じバージョンのまま使い続けられるプロジェクトの数は少ないので多くのプログラム言語に対応できる基本知識があるとよい。

3-3.各プログラム言語の開発経験がある





求人の内定やプロジェクトでどのプログラム言語で開発するかの決め手となるのが開発経験があるプログラム言語の有無である。
利用経験があるプログラム言語が一つでもあるとその言語で開発する工期が短くなるメリットと、経験則で対応できる幅が広がるためプロジェクトを進める上でリスクの発生率が低くなる。
開発が終了してサービスリリースした後のことも考慮する必要があり、サービスリリース後はシステムに不具合があると即対応しなければならないので経験数が少ないプログラムは避けたほうがよい。

求人においては会社が求めるプログラム言語の経験者とマッチングすると内定に結び付きやすい。
幅広く使われているプログラム言語は Java で、最近では Python や PHP で開発されるシステムも多い。

3-4.ネットワーク機器の操作経験がある


ネットワーク機器はメーカーだけでなく製品の型番によって操作方法や動作の挙動が異なるため、より多くの機器を操作して利用感や問題解決の経験を有しているのが好ましい。
とはいえ、ビジネスで用いられるネットワーク機器は高額かつ家電量販店では購入できないものが多いためスキル取得はほぼ実践であることが多い。
そのため日頃から家庭内のルーターやスイッチなどの設定は業者任せにせず自身で行い、各機器で設定する項目の意味と内容を理解することでネットワーク技術者としてのスキルを身に付けることができる。

関連記事