コロナウィルスワクチンの接種者が語る接種方法と副反応を紹介


[初回公開] 2021年05月17日

一般人向けに 65 歳以上の高齢者がコロナウィルスワクチンを接種できるようになったのを皮切りに 12 歳以上も接種できるようになった現状だが、続々とワクチン接種を終えた人が増えているのでこれからワクチン接種する人に向けて接種方法と懸念される副反応について紹介する。

コロナウィルスワクチンの接種者が語る接種方法と副反応を紹介




1.コロナウィルスワクチンとは


コロナウィルスワクチンとは 2019 年末から流行し始めた新型コロナウィルスに感染しても発症により引き起こす呼吸困難など入院が必要となる重症化を防ぐ予防接種で、ワクチンが製造される生産量の関係上、日本国内では段階的に接種が開始されている。
コロナウィルスワクチンを接種しても感染しなくなるわけではないが、体内にウィルスの抗体ができるため発症しても軽症で済んだり、発症すら抑え込む効果を持つ。



インフルエンザワクチンなどと異なり、小さな診療所を始めどの医療機関でも接種できる体制はまだ整っておらず、政府または自治体主導でコロナウィルスワクチンの配布と接種が管理されている。

現時点でワクチンはファイザー、モデルナ、アストラゼネカの 3 社が利用されている。

2.コロナウィルスワクチンの接種方法


コロナウィルスワクチンの接種方法は自身の業種や年齢、または住民票がある自治体によって異なる。

医療従事者であれば所属する医療団体または医療法人の民間団体で接種が段取りされるため、指定される日時と場所に従って接種を行う。

医療従事者以外の一般人はさらに所属する企業や団体が接種会を設ける職域接種とそれら以外の個々で接種予約する手段がある。
いずれも住んでいる自治体から郵送される一人一人に割り振られている接種番号が印字された接種券が必要となり、予約時にはこの番号と氏名等の申請が必要になる。
予約は主にインターネットによる予約で接種主催者により予約画面の操作方法は異なっているが、いずれも画面通りに入力して簡単に予約が終えるようになっている。
また、インターネット環境が無い人のために電話予約用の電話番号も設けられている。



予防接種会場は医療機関ではなく、体育館や市役所の会議室など広い会場を貸し切って行われることが多い。
ワクチン接種の受付を済ました後に接種直前の体調状態の確認など簡単な問診を行い、問題無ければ接種を行う。
万が一、接種後に副反応などにより容体が変わる恐れがあるため、15 分から 30 分は同会場内で待機して様子を見て、問題無ければ帰宅となる。

コロナウィルスワクチン接種会場の様子


コロナウィルスワクチンの接種は 1 回だけでなく、2 回接種しなければ効果が発揮されず、ファイザーであれば 1 回目を接種した約 3 週間後に 2 回目の接種を行う。
アストラゼネカにおいては 1 ヶ月後に 2 回目の接種となる。



また、2021年05月17日より防衛省管轄による大規模ワクチン接種の予約が開始され、居住している自治体主体以外でのコロナウィルスワクチン接種の機会も今後増えると思われる。

3.コロナウィルスワクチンの副反応


実際にコロナウィルスワクチンを接種した人の体験談として、1 回目は副反応が出ることは少ないようである。
体質によっては接種 1 回目でも体調に異常をきたす人もおり、その場合は接種した会場で点滴を打ち、経過観察した後に帰宅となる。

3-1.腕が痛む


ワクチン接種による副反応が出るのは多くは 2 回目の接種の後で接種した直後ではなく接種から半日後または翌日に 37.5 ℃以上の熱が出るようである。
人によっては熱とともに体のだるさが出るため、予防接種を受けた 1 回目、2 回目の翌日までは安静にして経過観察したほうがよいとのことである。

副反応による発熱でも解熱剤の服用は問題無いため、ワクチン接種後に仕事等がある場合は事前に用意しておくとよい。



3-1.腕が痛む


ワクチン接種による副反応または筋肉の硬直で接種した直後から腕が痛む場合があるとのこと。
その場合は腕を揉まずに放置しておけば早ければ翌日、遅くても数日後に自然に痛みが治まるものである。

3-3.副反応が出た人数


現在、私はまだワクチン接種はしておらず予約が取れた状態であるが、仕事関係など周りで接種の 1 回目や 2 回目を終えた人が増えて来ており、約 100 人ほどの状況を聞いたが大勢の人は腕の痛み程度で重い副反応は出ていない様子である。

内、1 名は 2 回目接種の後に数日間は 38 ℃台の熱が出たという人と、又聞きだがアナフィラキシーショックで点滴を受けたという人が 1 名いたのを耳にしているがワクチン接種で副反応が出る人はごく少数という状況である。

関連記事