Xperia の Android11 へのバージョンアップとバージョンアップ後の問題

利用している Xperia に Android OS の最新バージョン 11 の利用開始が通知されたのでバージョンアップの流れと、最新 Android バージョンにすることで一部操作やアプリに問題が発生しているので注意点について紹介する。

Xperia の Android11 へのバージョンアップとバージョンアップ後の問題




1.Android のバージョンアップとは


Android はスマホやタブレットが動作するための根幹を成すオペレーションシステム(OS)で、設定項目や利用できるアプリは Android のバージョンによって異なる。
基本的には Android のバージョンアップが上がることで便利な機能が増えたり性能が上がる傾向にあるが、CPU やメモリなどスマホやタブレット本体のスペックに求められる仕様も上がる。



各社メーカーが製造販売するスマホやタブレットは Android OS をベースにメーカー独自の設定項目や機能を搭載されているため、メーカーによっては新しい Android OS にすることで正常に動作しなくなるため新バージョンの配布が開始されても対応されないことが多い。

2.Android 11 の特徴


Android 11 には新しい機能が搭載されており、その一番の目玉が「スクリーンレコード」である。
従来ので Android ではディスプレイに表示されている画面を画像として端末に保存するスクリーンショット機能はあったが、音声付きの動画として画面を録画する機能は標準 OS のアプリや機能で搭載はされていなかった。
画面の録画は別途配布されているアプリで行うことはできるが、広告が表示されたり有償であったので標準機能として搭載されたのは大きい。

次に従来は各アプリからの通知やメッセージやメールの着信は一律アプリのアイコンで表示されていただけだが、Android 11 から「バブル」と呼ばれる通知エリアの上に独立して大きく表示される機能が搭載された。

3.Xperia の Android 11 へのバージョンアップ方法



Android11 へのシステムアップデートの通知


従来使っていた Android OS から新しい Android 11 にアップデートするためには、各製造メーカーがアップデートの準備が整ってからようやく実施することができる。
Docomo も Xperia であれば上図のようにある日、「システムアップデート利用可能」という表示とともに簡単なアップデート内容とダウンロードとインストールのボタンが表示される。



アップデートには利用している OS や機種により異なるが、 Xperis 5 II であれば約 0.92 GB のダウンロードが必要になるためバッテリー残業と Wi-Fi など通信が途切れない環境でアップデートすることをお勧めする。

現在の Android のバージョンを確認


Android 11 にアップデートする前に念のため現状のバージョンを設定画面で確認するとバージョン 10 であることがわかる。

バージョンアップ後の OS の状態を確認


ボタン「ダウンロードとインストール」をタップして更新データのダウンロードとインストールが終えると自動的に端末が再起動されてアップデート完了となる。
同じく設定画面で Android のバージョンを確認すると 11 になっているのが確認できる。



4.Xperia に最新 Android へバージョンアップした後の問題



Android の最新版にアップデートすることは全てば良いことづくめではなく、弊害も発生することがある。
例えば今まで利用してきたアプリが OS のバージョンが変わることで正常に動作しなくなることはよくある事象であるため、Android のアップデート前には利用しているアプリの稼働対象バージョンを確認しておいたほうがよい。



また、Xperia 5 II においては Android 11 にするとタップしても反応しない場合が稀になる。
ホーム画面は設定画面では発生しないが、特定のアプリで反応しない事象が頻発している。
もしタップしても反応しない場合は、画面最下部の起動中のアプリの一覧を表示して切り替えることができる■マークをタップして起動中のアプリ一覧を表示した後に、再度反応しなかったアプリに戻ると正常に利用できるようになる。

関連記事