Xperia 5 II(SO-52A)のスペック一覧と使い心地をレビュー

2021年夏期に Xperia の最新機種が発売が開始されるが新年度を迎えるにあたり現在発売中の最新機種となる Xperia(SO-52A)に機種変更したので SO-52A のスペックと一ヶ月利用して感じたことなど使い心地を紹介する。

Xperia 5 II(SO-52A)のスペック一覧と使い心地をレビュー




1.Xperia5II の特徴



Xperia5II の特徴


Xperia5II(SO-52A)の特徴は縦長のディスプレイと大容量バッテリーによる充電の持ち、5G 対応の3点が大きく取り上げられる。
一つ目のディスプレイは縦長になったものの横幅は従来または他機種とも変わらず、縦に長くなったため一画面に表示される情報量は他機種よりも優れている。
また、二つ目のバッテリーの持ちは内臓電池で 4,000mAh あり、どれほど持つかは後述する。
最後に 5G 対応機種となっており、プランは 5G 対応プランに限られるが速度は各段に上がっているのでリモート会議などでも音声と映像が遅延することなく利用することができる。



2.過去の Xperia との比較


現在発売中の最新機種となる Xperia5II(SO-52A)と過去の Xperia 機種とスペックを比較すると全てのおいて性能が上がっているのがわかる。


 SO-52AS0-01KSO-04E
発売日2021年11月12日2017年11月10日2013年05月17日
OSAndroid 10.0Android 8.0Android 4.2
CPUQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platform2.45GHz(クアッドコア)+1.9GHz(クアッドコア)オクタコアQualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz (クアッドコア)
メモリ(RAM)8GB4GB2GB
メモリ(ROM)128GB64GB32GB
サイズ(高さ×幅×厚さ)約158 × 約68 × 約8.0 mm約148 × 約73 × 約7.4 mm約131 × 約67 × 約10.5 mm
質量約156 g約141 g
外部メモリ(microSD)1TBまで2GBまで2GBまで
外部メモリ(microSDHC)1TBまで32GBまで32GBまで
外部メモリ(microSDXC)1TBまで256GBまで64GBまで
デザリング
ディスプレイサイズ約6.1インチ約5.2インチ約4.6インチ
ディスプレイ解像度(縦×横)2,520×1,080ピクセル1,920×1,080ピクセル1,280× 720ピクセル
カメラ16mm(超広角):有効画素数約1,220万画素/F値2.2
70mm(望遠):有効画素数約1,220万画素/F値2.4
24mm(標準):有効画素数約1,220万画素/F値1.7
Motion Eyeカメラシステム 有効画素数約1,920万画素約1,310万画素裏面照射積層型CMOS
UIMnanoSIMnanoSIMmicroSIM


3.Xperia5II のカメラ機能





Xperia5II(SO-52A)の画素数だけで見ると過去機種よりも数値が下がっているが、カメラに利用しているチップの性能が上がっているため撮影した写真は遜色ない仕上がりになっている。
また、外向きのカメラレンズが3種類あり、望遠と広角撮影の機能が向上している。
標準のカメラアプリではホワイトバランスなど細かな撮影設定ができないが、Xperia5II(SO-52A)に標準インストールされているアプリ「Photography Pro」を利用すると細かな撮影設定が可能になる。

4.Xperia5II のバッテリーの持ち


Xperia5II(SO-52A)のバッテリーは内臓電池なので劣化しても交換はメーカー対応となるが、 本体が薄型ながらも 4,000mAh と大容量で長持ちする。
朝一にバッテリーを 100% まで充電させて通話や通信を全くしない状態で一日過ごしてもバッテリーの減りは 2% かそれ以下で省電力でもある。

5.Xperia5II の Xperia 搭載のアプリ





Xperia など各メーカーから発売される機種はメーカー独自のアプリが標準インストールされておりメーカーの特色が非常にでるところだが、この Xperia5II(SO-52A)に関しては Sony 独自のアプリが動画と写真のカメラ以外はほぼ入っていない。
撮影した写真などは Google 製のアプリ「フォト」を利用することになり、従来の Xperia にインストールされていた「アルバム」が無くやや機能が劣る。
また、Xperia ホームもあるものの従来の Xperia のホームアプリに比べると設定できる項目が減っている。

6.Xperia5II のGPSの感度


Xperia5II(SO-52A)の GPS 感度は低くは無く、標準的である。
コンクリート製の建物内でも自身の位置取得ができるので位置情報の誤差が生じるといった問題は発生していない。

7.Xperia5II のバイブレーションの強さ


過去の Xperia 機種はバイブレーションが弱く通知が来ても気づかないことがあったが、Xperia5II(SO-52A)に関しては振動が強くなり通知や着信に気づきやすくなっている。

8.Xperia5II の総評





Xperia5II(SO-52A)は過去の Xperia に比べるとスペックが各段に上がっており現在発売されている価格が 10 万円を切っていることからコストパフォーマンスが高く購入をお勧めできる機種である。
マイナスポイントとしては従来機種にあった Xperia 独自のアルバムなどのアプリが入っていないので Xperia ファンからするとやや不便さを感じるかもしれないが、他のアプリで代用するなど慣れで解決するしかないだろう。
機種が縦長になっているのでポケットからはみ出しやすいので落下や紛失などには注意したほうがよい。

関連記事