読み込めなくなった CD や DVD のキズを歯磨き粉で修復する方法


[初回公開] 2005年05月31日

CD や DVD といったディスクが正常に読み込めなくなる原因はディスクに傷や歪みが生じているといった物理的な要因が多く、ディスクの程度によっては読み込めなくなっていても修復することができるのでその修復方法について紹介する。

読み込めなくなった CD や DVD のキズを歯磨き粉で修復する方法




1.CD や DVD の記憶の仕組み





CD や DVD といったディスク状の記憶媒体は、データが実際に囲まれる箇所(記憶層)は金属性できており、その記憶層を守るために表面をプラスティックなど樹脂で覆っている物が多い。
この金属でできた記憶層に目には見ないほど小さな凹凸をつけることでデータを形成する仕組みになっており、ディスク中心から外周に向けて書き込むため CD や DVD の読み取り面を見ると、ディスクの中心部と外周部とで色が違うのはデータがある場所と無い場所を示している。

2.CD や DVD を読み取る仕組み





データが記憶された CD や DVD からデータを読み取る場合は、前述のデータが記憶された箇所に対してレーザー光を当ててその反射した光の程度でデータを判別している。
この時、実際にレーザー光を当てているのは記憶層だが、記憶層を保護している樹脂に傷や歪みがある場合は反射光が正しく返って来なくなり、それが読み取りできない事象に相当する。

3.読み取れなくなったディスクを修復する





正常にデータの読み取りができなくなった CD や DVD の表面に傷がある場合は、読み取り側が発するレーザー光が屈折してしまうことが読み取れない原因のため、ディスクの表面を研磨して傷を無くすことにより正常に読み取りができるようになる。

ディスク表面を研磨する方法は業者に依頼する方法と、自分で修復する方法の二種類ある。

ディスク修復を業者に依頼した場合は、約 8,000 円の料金で対応してくれることが多い。
ディスクのキズの程度によっては対応してもらえない場合もあるが、修復したディスクとデータを吸い出して新たに違うディスクにデータを移し替えて納品される。

次に自信で修復を行うためにコンパウンドなど研磨剤を持ちいて傷のある箇所を平らにする方法である。
この場合、ディスクにつけた研磨剤をふき取るものと拭き取る方向など下記の点に注意して対応する必要がある。

ゲームのディスクにできた傷の状態


まず今回、修復に利用したディスクは上図のようにデータがある面に手で触わるとざらつきを感じるか感じないか程度の擦れた細かな傷があるゲームソフトを利用する。

ホワイト&ホワイトライオンでディスクを修復


ディスク修復の研磨剤となる歯磨き粉はライオンの「ホワイト&ホワイトライオン」を利用し、歯磨き粉をふき取るものに市販されているティッシュペーパーを利用する。

修復方法としてはディスクに直接、歯磨き粉をつけてティッシュペーパーで優しく一定方向に拭き取る。
この時、ディスクの中心から外側に向けて拭き取るのではなく、ディスクの円に沿って拭くとよい。
拭き取る際の力加減は指の爪がディスクに当たらないように指紋認証するように強く指を押し付けるのではなく、軽く触れる程度にする。
しばらく指を押し当てる位置を変えながらディスクを研磨していると歯磨き粉で傷の場所がわからなくなるのでたまに水で少し流してから場所を確認して歯磨き粉を擦り付けていく。
傷が無い場所をむやみに研磨すると読み取れない場所が広がるため、あくまで修復したい箇所だに絞るようにする。

歯磨き粉でディスクを修復させても見た目は元に戻らず、くすんだ感じは残ってしまうが取り折りデータの読み込みができるか確認しながら拭き取り作業を行い、読み込むようになれば作業を終了させる。

4.やってはいけないディスクの修復方法





歯磨き粉を使ってディスクが読み込むように修復はできるが、やり方次第ではさらに悪化させてしまうので下記の点に注意が必要である。

1.柔らかい布で歯磨き粉を拭き取る
ディスクに乗せた歯磨き粉をふき取るのにティッシュペーパーよりも T シャツなど肌触りのよい綿の柔らかい布の方がディスクに良さそうに思えるが、ティッシュペーパーよりも布の方が繊維が大きいため、余計にディスクを傷つけてしまうので布での拭き取りは避けたほうがよい。

2.ティッシュペーパーでディスクの中心から外周に向かって拭き取る
ディスクのデータを読み取る際はディスクが常時回転した状態となるため、歯磨き粉をふき取る際にディスクの中心からそのまま外周に向けて拭き取ってしまうと、回転方向に対して直角に研磨することになり読み込みのレーザー光が屈折してしまうので拭き取る際は回転する方向と同方向に拭き取るとよい。

5.修復したディスクの注意点


歯磨き粉でディスクの修復ができても、手放しで喜べない事象が二点残ってしまう。
一点目は、見た目上の細かな傷は残ってしまうことである。
読み取りのレーザー光は直線的に入り、直線的に光が反射されれば表面の樹脂が少々汚れていてもデータの読み込みが可能になるので利用する上では支障がはないが、修復したディスクを買取店に出しても傷有りと判断されて買取価格が付かないことがある。

二点目は、読み込めなかったディスクのデータが読めるように復旧したとしても、ディスクの表面には多少なりとも細かな傷が残ったままなのでデータの読み込みに時間がかかるようになる。
ゲームディスクであれば、傷のある個所にあるデータ部分だけローディング時間がやや長くなる傾向が見受けられる。

関連記事