Google アドセンスで収益があったページを確認する方法

ウェブサイトやブログを収益化するのに多くの人に利用されている Google アドセンスだが、アドセンスの管理画面からは日ごとの収益や広告パーツごとの収益を確認することはできないため、実際にどのページで収益があったのかを別のツールで確認する方法を紹介する。

Google アドセンスで収益があったページを確認する方法




1.アドセンスの管理画面で確認できること





Google アドセンスの管理画面で収益に関して確認できる情報は、日ごとの収益の他、広告が表示された回数と広告を配置しているページの表示回数を確認することができる。
ページに配置している広告を一つではなく、「ページ上部」「ページ下部」という風に広告の配置箇所にごとに広告を用意している場合は広告ごとに収益を確認することができる。

また、アドセンスの広告をドメインが異なる複数のサイトで運営していたり、広告ごとにチャネルの設定をしていれば、サイトごととチャネルごとでの収益も集計して表示される。

2.収益があったページを確認する準備





Google アドセンスの管理画面では前述の通り、日ごとや広告ごとの表示回数や収益は集計して表示されるものの、どのページがクリックされたかやどのくらいの収益があったのかは確認することができない。
しかし、他のツールと連携することでどのページで収益があったかを確認することができ、そのツールは同じく Google が提供しているアクセス解析ツールの「Google アナリティクス」を利用する。

アナリティクスで収益があったページを確認するには事前の準備を予め行っていないと確認することはできない。

1. アナリティクスでアクセス解析用のタグを設置する

アナリティクスでアクセス解析用のタグを設置する


どのページで広告をクリックされたかを確認するためには、どのページが表示されたかを認識する必要がありそのためにアナリティクスから発行されるアクセス解析タグをサイトやブログ内に設置する。

2. アナリティクスにアドセンスのリンク設定を行う
アナリティクス単体ではどのページが何時、いくつ表示されたかしか集計しないためここにアドセンスの情報と連携するためにアドセンスの情報を設定する。

アナリティクスにアドセンスのリンク設定を行う


アナリティクスの管理画面の左メニューより「監理 -> AdSense のリンク設定」をクリックすると、設定画面が表示されるためボタン「新しい ADSENSE リンク」をクリックし、アドセンスで利用している pub から始まる自身の ID を登録する。
無事に登録が完了すると「リンクされたビュー」に入力したアドセンスの ID が表示される。



3. アドセンスで収益が上がるのを待つ
アナリティクスにアドセンスとの連携が済んでもすぐに収益があったページは確認できず、連携以降の期間しか集計されないため連携後、しばらくは放置してアドセンスの収益が上がるのを待つ。

3.アナリティクスで収益があったページを確認する



アナリティクスで収益があったページを確認する


アナリティクスにアドセンスとの連携が済んでしばらく経つと、ページごとにいくらの収益があったかを確認することができる。
アナリティクスの管理画面の左メニューより「行動 -> パブリッシャー -> パブリッシャーのページ」をクリックするとインプレッション数の降順でページごとの数値などが表示される。

実際にいくらの収益があったかは列「パブリッシャーの収益」にドル表示で確認することができる。
この「パブリッシャーの収益」と記載されている箇所をクリックすると収益順に並び替えが行われ、どのページが収益が多かったかが見やすくなる。

4.ページごとの収益を確認することで





ページごとの収益を確認することで当然ながらどのページが収益があり、どのページが収益がなかったかがわかるが、自身の予想やページビューの多さにも関わらず収益が少ない場合は、配置している広告の量を増減したり、配置を変えるなどしてページ内の見直しを行うことで収益率が変わってくる。

反対にページビューが少ないのに収益があるページは、閲覧者が見る他のウェブサイトと自身のサイトで表示される広告がマッチングした結果なので同カテゴリーのコンテンツを増やしたり、そのページ自体の文量を増やしてより多くのアクセス数を増やすことで収益アップにつながる。

関連記事