子供用に買ったタブレットやスマホの機能制限を解除する方法

新入学シーズンになり小学校から中学生の子供にタブレットやスマホを渡す親も少なくないが、渡したタブレットやスマホでアカウント追加や端末の初期が行えないとった利用制限がかかってしまった場合の解除の方法を紹介する。

子供用に買ったタブレットやスマホの機能制限を解除する方法




1.タブレットやスマホで機能制限がかかる理由





タブレットやスマホなど OS には Google や Apple といったアカウントを登録することで機種変更時にデータ移行がスムーズにできたり、各ストアで電子決済できる利点があるが、アカウント取得時に登録する生年月日が 13 歳未満の場合は利用の安全面を考慮して端末の一部機能に制限がかかるようになっている。

特に小学生から中学生に移る時期は、12 歳から 13 歳にかけてなので子供に渡したタブレットやスマホが自由に使えないといった問い合わせが増える事態になっている。

2.使えば安心ファミリーリンク





Google アカウントを 13 未満で作成して利用する端末に登録した場合、子供が勝手に大人用のアカウントを追加して自由に使えないようにユーザの追加が出来ないようになり、さらに子供用に利用制限がかかっている端末を大人が利用できるように工場出荷時の状態に初期化できないようになっている。
これは悪知恵が働く子供に対する防御策でもあるが、間違って先に子供用の Google アカウントで端末登録してしまうと本当に初期化したい場合に初期化できないことにもなる。

そのため、子供に渡したタブレットやスマホを遠隔で管理するために、別途スマホなどにアプリ「ファミリーリンク」をインストールすることで解決する。
アプリ「ファミリーリンク」とは Google が提供する端末管理するツールで、子供が使っているタブレットなど端末が今どこにあるか、利用時間はどれほどかを監視する機能の他、利用制限が掛かっている端末に利用許可を与えるアプリでもあり、子供が安全に利用していることを確認する場合には有効なツールである。

3.子供の端末にアカウントを追加する





13 歳未満の Google アカウントでのみ登録した端末は新たに他の Google アカウントを追加したくても利用制限がかかってアカウント追加できない。
そのため、前述のアプリ「ファミリーリンク」でユーザ追加の許可を与えたいデバイスを選択した後、「ユーザの追加と削除」がオフ状態のものをオンにすると子供側の端末でユーザ登録できるようになる。

4.自由にアプリをインストールさせる方法





13 歳未満の Google アカウントでのみ登録した端末はアプリを自由にインストールできないようになっており、アプリのインストールには保護者権限のアカウントで随時インストールする必要がある。
子供に渡しているタブレットやスマホが子供自身で自由にアプリをインストールできるようにさせるためには Google アカウントの生年月日を成人年齢に達しているように生年月日を変更するか、新たに成人年齢に達している Google アカウントで端末登録する必要がある。

前者の Google アカウントの生年月日変更には正しい年齢を確認するための身分証明書が必要になり手続きが若干手間になるため、後者の Google アカウントの再登録の方が手間がかからなくてよい。
ただし、既に 13 歳未満で登録した Google アカウントに紐づくセーブデータや履歴は引き継げない点は注意が必要である。

関連記事