PlayStation アカウントのファミリーメンバーを分ける方法

子供の独立や成長に合わせて PlayStation アカウントの分離とウォレット残高の個別管理下を行う必要が出てくるが、PlayStation 4 など1台の中でファミリーメンバーとしてユーザを分けてセーブデータを保存して場合にアカウントを分ける方法について紹介する。

PlayStation アカウントのファミリーメンバーを分ける方法




1.PlayStation Network アカウントとは



PlayStation Network アカウントとは、Sony が販売する PlayStation 4 や 5、PlayStation Vita など各ゲーム機器に登録するアカウントで、有償無償関わらず、PlayStation Store でアプリやゲームアイテムを入手する場合は PlayStation Network アカウントにログインする必要がある。

また、PlayStation 対応ゲームソフトはゲームの進行状況や特定の条件を満たした場合にその証となるトロフィーを入手することができ、トロフィーの入手状況も PlayStation Network アカウントに紐づけて管理される。

PlayStation Network アカウントを入手するためにはメールアドレスを一つ用意する必要がある。

2.PlayStation のファミリーメンバーとは


PlayStation のファミリー管理者とファミリーメンバー

PlayStation のファミリーメンバーとは、既に取得済みの PlayStation Network アカウントの配下に所属するアカウントのことで、ファミリーメンバーを作成することでゲーム機 1 台の中でセーブデータや購入履歴を分けて利用することができる。

ファミリーメンバーのペアレンタルコントロール


ファミリー管理者の配下となったファミリーメンバーは PlayStation Network アカウント取得時のようにメールアドレスをファミリー管理者とは別途用意する必要がなく、ファミリー管理者のウォレット残高を共有することになる。
ペアレンタルコントロールはファミリー管理者の設定に委ねられるため、基本的にファミリー管理者は家族内の親が担い、配下となるファミリーメンバーは子供に利用されるパターンが多い。

ファミリーメンバーの子供が PlayStation Store で購入したゲームやアイテムはファミリー管理者のメールアドレスに随時通知される仕組みになっている。

3.PlayStation のファミリーメンバーの解除方法



PlayStation のファミリーメンバーは子供が成長したなどでメンバーから解除して独立させたい時期が発生するが、独立させたいファミリーメンバーを PlayStation のアカウント管理画面から保護者]にチェックを付けると保護者(大人)の扱いにすることできる。

次いで、保護者(大人)にした独立したいファミリーメンバーにログインした時のみ表示される「ファミリーを退出する」でファミリーメンバーから独立させることができる。

4.ファミリーメンバーが保護者にできない場合


ファミリーメンバーを独立させるために前述の通り、保護者、すなわちファミリー管理者(大人)の権限にすればよいのだが、ファミリー管理者権限になるためにはファミリーアカウント作成時に入力した生年月日から 18 歳を迎えていないと権限変更することができない。

また、ファミリーメンバーの生年月日は一度登録すると変更することができないため、解決策としては子供が 18 歳になるまで待つか、これまでのセーブデータや購入履歴は引き継げないが独立する子供用に新たに PlayStation Network アカウントを作成する必要がある。

関連記事