スマホの機種変でデータコピーアプリを使って新しい機種にデータを移動させる方法

卒業や引っ越しなど新しい生活への切り替わりに伴いスマホを機種変する人も少なくないと思うが、スマホ以前のガラケに比べるとスマホの機種変は非常に簡単になっており、数あるデータの移動方法の中からデータコピーアプリを利用した機種変更の方法を紹介する。

スマホの機種変でデータコピーアプリを使って新しい機種にデータを移動させる方法




1.データコピーアプリとは


データコピーアプリとは

データコピーアプリとは、ドコモが提供している簡単にデータをバックアップと新しい機種への復元を行うことができるデータ移行のアプリである。
機種変更時に限らず、日頃からデータのバックアップを取ることで端末の故障時などもデータ紛失のリスクを無くすことができる。



データコピーアプリでは次の 8 種類のデータをバックアップ / 復元することができるが、一部のデータにおいてはスマホの OS やバージョンなど条件によりバックアップできない場合がある。
・電話帳
・+メッセージ
・スケジュール/メモ
・画像/動画
・音楽
・メール
・ブックマーク
・通話履歴

2.データコピーに必要なもの





アプリ「データコピー」は Google アカウントによるデータ連携ではなく、micorSD カードを利用した物理的なデータ移行となるため、microSD カードが必要になる。
microSD カードの容量は特に問わないが、バックアップする画像や動画が多いとその分だけ必要となる空き容量も大きくなるのと、新しい機種にデータ移行した後はそのまま利用するとアプリ「データコピー」で前回バックアップした日時が確認することができ世代管理できるため 16GB 以上のデータサイズのものを選択するとよい。

3.データをバックアップする


データコピーアプリを起動した直後

データをバックアップするためにまずは古いスマホの方に microSD カードを挿した状態でアプリ「データコピー」を起動する。
アプリが起動すると「データ移行」と「バックアップ&復元」のボタンが表示されるため、「バックアップ&復元」をタップする。

バックアップと復元の選択画面


次に「バックアップ」と「復元」などいくつかのボタンが表示されるため、「バックアップ」を選択する。
バックアップする対象を選択してから「バックアップを開始」をタップする。

バックアップ中


バックアップが開始されると順次 microSD カードに書き込まれるため micoroSD カードは抜かないように注意する。
バックアップする対象の量にもよるが、場合によっては 30 分から 1 時間以上かかる場合がある。

バックアップ完了画面


バックアップが終了すると完了画面が表示される。

4.新しい機種にデータを移す



新しい機種にバックアップしたデータを移行するためには、先ほどバックアップした microSD カードを新しい機種に差し込み、アプリ「データコピー」を起動する。
アプリ起動直後の「バックアップ&復元」のボタンをタップするところまでは一緒だが、「バックアップ」と「復元」が表示される画面では「復元」を選択して実行する。
バックアップの時と異なり、5 分程度で終了する。

最後に、電話帳や画像などが新しい機種で表示されることを確認し、問題無く表示されれば移行完了となる。

関連記事