パスに変換したイラスト画像を Photoshop を使わずより簡単に自由自在に加工する方法

読み込んだイラスト画像をパスに変換して自由に編集操作する場合は Photoshop など画像編集ソフトを利用するが、画像編集のソフトウェアによって使い方がさまざまで有名なソフトでも用途によっては使いにくいことがありソフトは使い分けたほうがよく、今回は Fireworks を利用して Photoshop より簡単にパスの編集操作を行う方法を解説する。

パスに変換したイラスト画像を Photoshop を使わずより簡単に自由自在に加工する方法




1.画像を読み込んでパスに変換する


パス化されていないトレースしただけの画像を Fireworks で開く


まずはパス化されていないトレースしただけの画像を Fireworks で開くため、上図のようなイラストを用意する。
今回は車の写真からシルエットをトレースしたものを利用するが、大雑把に切り取ったためフロントのピラー部やタイヤの円形部が歪な形をしており、これを Fireworks のパスを操作して整形していく。

画像を読み込んだ直後のレイヤーの状態


画像を Fireworks で読み込んだ直後のレイヤーの状態を確認すると上図のようにビットマップになっており、これをパスに変換する必要がある。



このレイヤーのビットマップと記載されているところを Alt キーを押しながらマウスでクリックすると画像がパスに沿って選択された状態になる。

上部メニューから選択 -> 選択範囲をパスに変換を選択する


イラストのシルエットに沿って選択されれば、上部メニューより「選択 -> 選択範囲をパスに変換」を選択するとパスに変換されて Fireworks で編集可能な状態となる。

2.パスに変換した後の編集操作方法


Fireworks でパス化された状態。


イラストを Fireworks でパス化できればツール内のダイレクト選択ツール(白矢印)でパスのポイントを移動させたり、不要なポイントを削除して線をなめらかにして整形する。



曲線部分が角があったりより湾曲させたいときなどはポイントを追加すればよく、ポイントを追加する場合はツール内の「ペンツール」で線上の任意の場所をクリックするとポイントが追加され、編集可能になる。

パスを調整して整形した最終的な画像


パスを調整して整形した最終的な画像が上図となり、整形前に比べるとタイヤ部分など車らしくなっている。

3.Photoshop と Fireworks のパス操作の違い





Photoshop においてパス上のポイントは全て曲線扱いなのでポイントを移動させるだけで動かしたくない線も動いてしまうため操作しづらく、ポイントを移動しても他の線が引きずられて動かないように細かくポイントを刻む必要があるが、Fireworks の場合はは直線ポインタと曲線ポインタが分かれているので動かしたい線だけ動かせるので余計な手間がかからず非常に操作がしやすい。

関連記事