作業効率が上がるクリエイターの休息の取り方

休息とは長時間作業の間にごく短時間で心身を休めることを目的に入れるもので、WEB クリエイターを始めシステムエンジニア、プログラマーといった知的労働においては勤務時間内の作業の時間配分が自身に委ねられている自由度がある反面、時間の使い方も自己管理になるので癒すだけでなく休息後の作業効率向上にもつなげる上手な休息の取り方を紹介する。

作業効率が上がるクリエイターの休息の取り方




1.休息と休憩の違い





休息と休憩はよく同意語として扱われがちだが厳密には違いがあり、前者の「休息」は長い時間作業をする中でごく短時間で心身を休める期間であるのに対して、後者の「休憩」は休息よりも長い時間休むことを指す言葉である。
労働基準法においても休息と休憩は使い分けられており、休息は法令上の定めはないが労働者に 15 分ほどを目安に取るもので、休憩は労働時間が6時間を超える場合は少なくとも 45 分、8時間を超える場合は少なくとも 60 分の休憩を取ることが義務付けられている。
休息時間は公務員や製造上、特に工場などで採用されてはいるが法令上の縛りがないため昨今では取り入れていない企業が増えてきている。
休息の内容としてはコーヒーを淹れたり、たばこを吸う、トイレに行くなど仕事以外の数分ほどで行うものを指すことが多い。

2.完全に仕事のことを忘れる休息


休息の取り方の一つとして、完全に仕事のことを忘れるいわゆるリフレッシュや気分一新を目的としたものがある。
人は作業を集中して行い続けると時間経過とともに作業効率が落ちてくるため、他の社員やスタッフと雑談したり、軽く体のストレッチを行うことで心身をリラックスさせて再度集中力を取り戻すことができる。

3.作業効率を上げる休息





休息の取り方の二つ目としては、休息後の作業効率をより上げる頭のデフラグを目的としたものがある。
頭のデフラグとは次に行う作業をイメージしたり、これまで行ってきた作業を一度立ち止まって整理することで休息後の作業に弾みをつけることができ、企画や会議、クリエイティブな作業など知的労働に効果がある。

4.やってはいけない休息の取り方


休息の取り方によっては良い効果が得られないだけでなく反対に悪影響を及ぼすものがある。
特に最近ではスマホやパソコンでリアルタイムな時事ニュースが入手しやすくなり便利かつ地域の格差が無くなってきている反面、生活に影響する政治内容や興味のある芸能ニュースを目にしてしまうと思考がそのニュースから離れなくなり仕事に集中できなくなってしまうのでニュースを見るのは休息期間に行うのは避けたほうがよい。
また、スマホのゲームは操作時に集中し、SNS は文章の読み取りと書き込む文章作成に集中してよけいなエネルギーを消費してしまい休息後の作業に支障が出るためこれらも休息時に行うのは避けたほうがよい。

関連記事