ページビューが平日と休日で違う原因とページビューを増やす対応策を解説

Google アナリティクスなどアクセス解析でページビューの推移を見ると平日が多くて休日が少ない、もしくはその逆であることがありその原因は自サイトまたはブログに掲載している内容とそのサイトへアクセスするユーザ属性に起因しており、平日と休日でページビューが違う原因と対応策について解説する。

ページビューが平日と休日で違う原因とページビューを増やす対応策を解説




1.ページビューが平日と休日で違う原因




アクセス解析で日々のページビューの推移を確認していると平日と休日であきらかにページビュー数が違う場合、そこには明確な原因がある。
もし平日のページビューが休日のページビューよりも多い場合は、掲載している自サイトのコンテンツ内容が平日の時間帯で必要としている人であり、社会人や学生が閲覧者と想像でき、例えば社会人はビジネスに関連する検索を行い、学生は研究やスキルアップに関連する検索が多い傾向にあるが、自サイトに掲載している内容がそれらに当てはまるか確認する必要がある。

また、反対に平日のページビューが休日のページビューよりも少ない場合は、休日が休みの人が閲覧者であることが多くエンターテイメントや旅行関連の検索を行う傾向にある。

2.休日のページビューを増やしたい場合の対応策


休日のページビューが少ない状態

休日のページビューを増やしたい場合は、社会人や学生向けのコンテンツ内容ではなく休日を過ごす人が興味を示すエンターテイメント系や旅行・観光の記事を増やすことで自サイトへの流入の口が増えて休日のページビュー増加に結び付く。

3.平日のページビューを増やしたい場合の対応策


平日のページビューを増やしたい場合は、休日を過ごす人向けのコンテンツ内容ではなく社会人や学生が興味を示すビジネスやスキルアップに関連する記事を増やすことで自サイトへの流入の口が増えて平日のページビュー増加に結び付く。

4.平日と休日のページビューを増やしたい場合の対応策




平日と休日で隔たりなくページビューを増やしたい場合は、ビジネス系とエンターテイメント系のコンテンツを混合して公開するようにするとよい。
平日は社会人や学生をターゲットにしたビジネス系のコンテンツでページビューを増やし、休日は余暇を過ごす人が暇つぶしで見ることができるエンターテイメント系のコンテンツで補う。
ただし注意点があり、さまざまなコンテンツを公開することでそのサイト内で取り扱うカテゴリーが統一されなくなるため、Google など検索エンジンが評価する際に特定のカテゴリーに特化したサイトではないと判断して検索結果に表示に出現しにくい、すなわち SEO としては良くない影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要である。

関連記事