ハードオフで不用品を買い取りしてもらった時の金額とメルカリとどちらが得か


[初回公開] 2020年11月22日

引っ越しやこのコロナ禍で部屋の片づけで出た不用品を処分した人も多いと思うが、ゴミと思われる中でも売れるものがあり少しでも換金して無駄に廃棄しないために、店舗に持ち込んで査定買取してもらう方法とインターネット上のオークションサイトで販売する方法とその違いについて紹介する。

ハードオフで不用品を買い取りしてもらった時の金額とメルカリとどちらが得か




1.ゴミのようで以外と売れるもの


進級したり学校の入卒業に合わせて部屋を片づける人が多いが、片づける中で出てくるお菓子のオマケやタダで配布されているノベルティなどゴミとして出して処分していたものが最近では何にでも値段が付く時代になり、予想以上に値が付くこともある。



企業ロゴやキャラがプリントされたノベルティは購入することができないので収集家には喉から手が出るほど欲しい品となる他、テレビの純正リモコンの電池のフタだけでも紛失した人からすると需要ある商品となる。

2.不用品を換金する方法


不用品をただゴミとして出して廃棄することなく換金する手段は二種類あり、一つは中古品の販売買取を行っている店舗に持ち込んで査定を受けて買い取ってもらう方法と、もう一つはインターネット上のオークションや個人売買サイトに自ら値段を指定して出品する方法がある。

前者の中古品の販売買取を行っている店舗は中古本や古着と特定の品に絞って取り扱っているところや、特に品種にこだわらず何でも買い取ってくれる店舗がある。
後者のインターネット上での売買は売りたい商品を掲載し、代金回収も仲介してくれるサービスを利用したり、直接個人間で連絡先を交換して売買する方法がある。

3.ハードオフで査定買取してもらう


店舗型の査定買取店の代表格はハードオフで、CD や DVD、ゲームソフトの他にオーディオ機器やパソコン周辺機器、おもちゃやプラモデルと買取してもらえる範囲が非常に広い。
今回、ハードオフに次の5種類の計7点を店舗に持ち込んで査定してもらった。

ハードオフで買取査定に出したポータブル HDD

買取査定に出したまず1点目は Windows 7 のパッケージソフトの福袋に入っていた I-O DATA の 500GB の外付け HDD だ。
購入してから未開封で保存してきたが、他に外付け HDD があるのと最近では SSD が主流になりつつあるので買取に出すことにした。

ハードオフで買取査定に出した無線 LAN ルーター

次に買取査定に出した2点目は BUFFALO の無線 LAN ルーターの WZR-300HP だ。
以前に無線 LAN が故障してインターネット通信できずに非常に困ったので予備機として購入していたのもので、開封して中身は見たものの袋に入れたままで未使用の状態で保管していた。
この無線 LAN ルーターは 300Mbps の性能があるが、最近では 5,000 円ほどで 800Mbps 出る高性能な製品も販売されているのと、古い無線 LAN は通信技術が古いので通信内容の傍受や電波干渉に遭いやすく脆弱性があるので手放すことにした。

ハードオフで買取査定に出した 2.5HDD ケース

3点目は GROOVY の 2.5 インチ専用の HDD ケースで、SATA と USB2.0 に対応しているもの最近はより高速な USB3.0 が出てきており、ケースはあるものの肝心な中身がないのでこちらも手放すことにした。

ハードオフで買取査定に出した AC アダプター

4点目は BUFFALO の AC アダプターだが、以前使っていた同じく BUFFALO の無線 LAN ルーターの AC アダプタが壊れたのでその代用になるかと思いインターネット上で購入したものの、コネクタの形状が合わず未使用で放置していたものだ。
この AC アダプターは BUFFALO の外付け HDD 用のものらしく、対応した製品はもっていないのでジャンク品として買取査定に出す。

ハードオフで買取査定に出した microSD カード

最後に家電量販店のワゴンセールで買って未使用のまま放置していた SD カードと microSD カードである。
最近では CLASS10 の 32GB microSD カードが 1,000 円未満で購入できるのでデータ容量の少ないメディアはほぼ利用する機会が無い。
今回は 2GB の SD カードと CLASS4 の 16GB と 32GB の microSD カードでいずれも未開封のものを出すことにした。

ハードオフで買取査定したもらった結果

ハードオフに入店したらカウンター横の買取窓口に持ち込んだ製品と買取をお願いしたい旨をスタッフに伝えて、番号札を受け取る。
持ち込んだ製品にもよるが精密機器は動作確認のために多少時間がかかり、今回はほぼ機械類なので 30 分ほどで査定結果が出た。
査定結果は上図のように手書きの明細書に記載され、下記の結果だった。

[2020年10月時点]
・外付け HDD:0 円
・無線 LAN:300 円
・HDD ケース:100 円
・AC アダプタ: 50 円
・SD カード:30 円、300円、500円

[2008年11月時点]
・MD / CD / カセットコンポ: 1,000円
・MD:250円

外付け HDD は未開封だったのにも関わらず、動作確認で異音がするのとパソコンで認識しないとのことで買取不可で持ち帰ることになった。
それ以外は数百円といったところだが、一番安いと思われた microSD カードが 500 円も付いたのが意外な結果だった。

MD コンポは新品購入時は 40,000 円程度で、製品の箱や説明書など全て揃った状態でも 1,000 円の値となったのに対して未開封の MD は 250 円の値が付いたこともあり、ハードオフでは未開封、未使用のものが高値となるが一度使用された電子機器で MD のように世間では利用が無くなった規格についてはほぼ値が付かない傾向にあるようだ。

4.メルカリでオンライン販売する


インターネット上で売買したりオークションとして出品することができるサイトやスマホアプリが数ある中でメルカリは利用者が多い点と梱包発送のキットがあり配送業者とも提携しているので売り手には使いやすいサービスである。



買取査定と違い、販売価格は自身で自由に決めることができるので店舗で買い取ってもらえずゴミとして捨てるようなものでも数十円で販売したり、本来では高値が付くであろう品物も自身の価値観で出品することができる。
ただし、顔を合わすことなく売買を行うため売っても代金が未払いになったりクレームが入ったり、反対に買い手の場合は不良品や違う商品が送られてきたりとトラブルが発生するリスクが非常に多い。

5.ハードオフとメルカリでどちらが得か





ハードオフのような店舗に持ち込んで買取査定してもらうのとメルカリのようにインターネット上で売買するのと比較してどちらが得かというと、高値で売れるものがあればメルカリのような自身で販売価格を決めることができるインターネット販売の方が実入りが大きい。
もし高値にならない商品なら梱包と配送の手間であまり得にならず、特に値段を気にせず短時間で簡単に不用品を処分するのであればハードオフのような店舗型に持ち込むのが無駄な時間がかからず得である。

関連記事