100 均の収納商品でデスク周りをスッキリさせる4つの道具

社会人になり働いていると一日の半分以上を仕事に費やし、デスクワークの人なら8時間以上同じ場所に座っていることになりついついすぐ手に取れるように書類や文具を手身近なところに置いたり、気分転換やおしゃれに飾り付けるために余計な物を置いてしまいがちだが長時間いるデスク周りだからこそスッキリ整理整頓することで仕事の効率とモチベーションのアップにつながる。

100 均の収納商品でデスク周りをスッキリさせる4つの道具




1.デスク周りの収納に気を配るメリット




デスクにはすぐ取り出せるようにペンやハサミをペン立てに突き立て、ディスプレイにはやるべきタスクや連絡先などを記載した付箋紙を貼り付けたりと無駄な動作を行わずとも少し手や目線を移動させるだけで目的を満たすようにすると一見効率が上がるように受け取れるが、長期的に見るとデスク周りはスッキリさせたおいたほうがよい。
例えばペン立てはあまり場所を取らないがデスクの端に置くと落下の恐れがあり、反対に手元周りに置くとペンが引っかかってかえって邪魔になり意外と置く場所は限られてくるがゆえに書類を広げたりと作業効率を阻害することがある。
また、付箋紙は一時の利用であれば効率があるが、ベタベタといくつも何日も貼り付けていると日常化してタスク管理の意味が薄れるとともに常に目に余計なものが移り込むので集中を妨げる。
昨今では情報漏洩が問題になっているので書類の管理も重要で、出社中は書類をデスクの上に広げていてもよいが帰宅時にはキャビネットなどに保管してデスクの上に何もない状態にするのが好ましい。​

2.ディスプレイの上部を有効活用する


モニター用小型テーブルをディスプレイに配置する


付箋紙やメモを貼り付けるスタンド​はディスプレイの周りにあることが多いが、ディスプレイの上部を活用されることは意外と少ない。
100 均にはディスプレイ上部に設置するモニター用小型テーブルが販売されており、接着剤や工具が無くてもすぐに設置することができる。
モニター用小型テーブルの形状は開閉式の柱が付いており、ディスプレイをその柱を支えることでテーブルを水平に保つことができる。
柱の角度は自由に変えることができるのでどのディスプレイにも対応することができる。

3.電話の下を有効活用する


ディッシュラックの上に電話を配置する


電話は受話器を取ることから電話の上には物を置けず、ダイヤルをプッシュすることから手の届かない高所に置くことができないことから電話周りの収納や配置には苦労するが、100 均で販売されているディッシュラック、いわゆる皿を重ねて収納する道具を使えば、電話の下を有効活用することができる。
上図のディッシュラックは金属のワイヤーでできているので強度もあり、ラックの上部に電話を乗せれば下部の空いたスペースに書類や小物を置くことができる。

4.スマホペンスタンドでスッキリさせる


スマホペンスタンドで付箋紙やメモも管理する


ペン立ては筒状や長方形のものが多いが、スマホ立てが付いたスマホペンスタンドをディスプレイの近くに置いておくと着信やメール通知が来てもすぐに気づくことができる。
また、このスマホペンスタンドは傾斜面を開閉することができ充電ケーブルを格納するスペースがあるので充電しながらスマホと立てかけて置くことも可能である。
スマホを置かない場合でもこの傾斜面を利用して付箋紙や粘着性のあるメモ用紙を貼り付けてデスク周辺をスッキリ見せることもできる。



5.ケーブル周りをスッキリさせる


ケーブルタイでケーブル類を束ねてスッキリさせる


デスク周りで整理していてもスッキリした印象にならないのがむき出しになったケーブル類である。
特にディスプレイやキーボード、マウスの余ったケーブルを束ねていないと見た目だけでなく余計な場所を取ることになる。
ケーブル類は購入時に付属している留め具でもまとめることはできるが、しっかりとまとめられないのと、縛る箇所が一点だけだとケーブルが広がってくるので、100 均で販売されている幅のあるケーブルタイを一本のケーブルに対して二つ利用してまとめるとケーブルが広がることなく束ねることができる。

関連記事