HG 1/144 スケールの百練を素組みした結果

今回は機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズシリーズの主人公達と共に戦うアジー・グルミンの専用機となる HG 百練 1/144 スケールを合わせ目もそのまま、塗装無しで素組みしてみた。

HG 1/144 スケールの百練を素組みした結果




1.ガンプラ 百練の製品仕様


HG 百練 1/144 スケールの素組み後の状態

百練はガンプラ HG シリーズとしては本製品の青系色となるアジー機と赤系色となるアミダ機の2種類販売されており、本製品はアジー機となる。
オルフェンズのガンダム機はガンダムフレームと呼ばれる骨格に装甲を付けるようにして組み立てるが、他の搭乗機はフレームが無いため従来通り四肢の組み立てを行う。
百連の本体以外に武器として片刃式ブレードとライフルカノンが付属しており、手の甲のパーツを外して武器を挟み込むようにして手に持たせることができる。

2.ガンプラ 百練の販売価格


店頭、インターネットともに 1,500 円前後で販売されている。

HG 百連 1/144 スケール

HG 百連 1/144 スケール

Amazon で価格を確認する



3.ガンプラ 百練の内容物


HG 百練 1/144 スケールのパッケージ

 ・百連ガンダムプラモデル× 1
 ・組み立て説明書× 1

4.ガンプラ 百練の操作性


ガンプラは基本的に接着剤不要のプラモデルのため、ニッパーなどでランナーからパーツを切り離して組み立てるだけなので小学生低学年程度でも扱える商品だ。
ガンダムの頭部前面に装着するアンテナのように細かく小さな部品は無いためランナーから取り外す際にそれほど慎重になる必要がない。
組み立てた後の可動域は脚部は広いが腕のパーツが多いため細かなポージングはできない。



5.ガンプラ 百練の満足点


パーツの数量は多くもなく少なくもないので素組みであれば数時間もあれば完成するので時間がなくても空き時間を使って組み上げることができる。

6.ガンプラ 百練の不満点


腕のパーツが多いがゆえにポージングしているときに外れやすく、足が小さいので自立させるのが難しい。

7.ガンプラ 百練の総評


腰から太腿にかけて重厚感があるシルエットは劇中に出てくるそのままがプラモデルになったものである。
そのため前述の不満点にもある通り足が小さいので自立によるポージングはパターンが限られるため飾る場合はスタンド等が必要になる。
素組みした状態でも劇中に近い色分けが既にされているので改めて全体を塗装する必要ななさそうである。

関連記事