1/144 スケールのストライクフリーダムガンダムを素組みした結果

ガンプラをモチーフにしたスマホゲームで遊んでいると実際にプラモデルとして販売されているガンプラに触れてみたく、ガンダム SEED シリーズの主人公機となる見栄えが良く価格も手頃な HG ストライクフリーダムガンダム 1/144 スケールを素組みしてみた。

1/144 スケールのストライクフリーダムガンダムを素組みした結果




1.ガンプラ、ストフリの製品仕様


ストライクフリーダムガンダムはガンプラ HG シリーズとしては2種類販売されており、本製品は旧版となる。
機体仕様として旧機となるフリーダムガンダムと違い関節部分が金色のため、ポリキャップや関節パーツも金色となっている。
背中には計8枚の翼を持つ機体のため翼の開閉動作も可能になっている。
劇中において翼のパーツはドラグーンシステムと呼ばれる射出型の兵器であり、その射出を演出するためのパーツとビームシールドがクリアパーツとなっている。

HG ストライクフリーダムガンダム 1/144 スケール


2.ガンプラ、ストフリの販売価格


店頭、インターネットともに 2,300 円前後で販売されている。

HG ストライクフリーダムガンダム 1/144 スケール

HG ストライクフリーダムガンダム 1/144 スケール

Amazon で価格を確認する



3.ガンプラ、ストフリの内容物


 ・トライクフリーダムガンダムプラモデル× 1
 ・組み立て説明書× 1
 ・デカール× 1

4.ガンプラ、ストフリの操作性


ガンプラは接着剤不要のプラモデルのため、ニッパーなどでランナーからパーツを切り離して組み立てるだけなので小学生低学年程度でも扱える商品だ。
頭部前面に装着するアンテナが細かく小さな部品だが太さがあるのでランナーから取り外す際にそれほど慎重になる必要がない。
組み立てた後の可動域は全体的に広くなく、ポージングのパターンは限られる。



5.ガンプラ、ストフリの満足点


パーツの数量は多くもなく少なくもないので素組みであれば数時間もあれば完成するので時間がなくても空き時間を使って組み上げることができる。
ドラグーンの射出を演出するクリアパーツがあるので武器を装備してポージングするだけでなくストライクフリーダムガンダム特有の一風変わったポージングが可能になっている。

ドラグーン射出のクリアパーツ利用時のポージング


6.ガンプラ、ストフリの不満点


前述した通り可動域が広くなく、特に股関節と両肩の動く範囲が狭いためライフルを持たせても銃口がやや下向きになりがちになる。
パーツ数が少ないのは手間が無くよいが、パーツによる色分けのパターンも少なくなりデカールで補っているところがありデカールを用いた素組みだと安っぽさが出てしまう。

ストライクフリーダムガンダムの素組みの様子



7.ガンプラ、ストフリの総評


劇中では8枚の翼が印象的でスマートなフォルムだが本製品となる HG のガンプラは自立する必要があるためか膝回りなどやや骨太に感じるところがある。
塗装で陰影のグラデーションを入れるとスマートに見えるようになるが、素組のままではやはり見た目に限界がある。
印新された HG ストライクフリーダムガンダムの方はパーツによる色分けが増えて素組みでも劇中のスタイルに近く、股関節等の可動域も広いのでポージングにも幅が出るように改良されている。

関連記事


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント