アシナガバチの巣の除去と駆除費用と殺虫剤の効果を試してみた


[初回公開] 2020年09月29日

春頃からたまに窓の外から虫が飛ぶ音が聞こえているのが夏に入りお盆の頃になると毎日虫が飛ぶ音が聞こえるようになったので家の壁を見てみるとアシナガバチが巣を作っており、ハチの巣駆除を業者に依頼した場合の費用調査と暫定的に殺虫剤でハチを撃退した様子と撃退後のハチの巣の状態について紹介する。

アシナガバチの巣の除去と駆除費用と殺虫剤の効果を試してみた




1.アシナガバチとは


アシナガバチとは

アシナガバチは全長が 1.5cm から 4cm ほどの腹が黄色と黒の縞模様を持つハチで音を出しながら飛行中するので近くにいることが認識しやすい。
全体の姿の中でも腹が大きいためスズメバチと間違えられることが多いが、スズメバチと比較すると手足が長く、攻撃性が低いのでアシナガバチの巣に近づいたり危害を加えない限り人に襲ってくることは少ない。
アシナガバチの活動は一年の内、6月から8月に最盛期を迎え 11 月頃まで活動し、明け方からエサの収集や巣の保全資材を確保するために巣から飛び立ち、夕暮れ時に巣に戻ってくる。

2.アシナガバチの巣の特徴





アシナガバチの巣は木の枝や家の軒下、排気口の中に作ることが多く、ハチの巣の形状はシャワーヘッドのように花を逆さにしたような形で育房が露出している。
スズメバチの巣は丸状でハチが出入りする口が狭まってトックリを逆さにしたような形状で外からは巣の様子がうかがえないのに対して、アシナガバチの巣は卵がある様子も外から目視することができる。
巣の大きさは巣を作っている場所に関係して大小さまざまだが、巣が小さく育房数が少ないからハチが少ないとうわけではなく、同じ育房を複数回利用するのでハチの巣の大きさに対して回りにいるハチの数が多い場合があるので注意が必要である。

3.ハチの巣を業者に依頼した場合の費用


アシナガバチなど人に危害を与えるハチは自身で駆除すると刺されてハチの毒によるアナフィラキシーショックで命を落とす危険性があるとともに巣を中途半端に破壊すると近所に飛び立ってしまい近隣住人や通行人を襲うことがあるので、専門業者に依頼するのが安全だ。
ハチの駆除が可能な業者は各自治体のホームページまたは窓口に問い合わせると紹介してもらえるとともに、白アリなど外注駆除を行っている会社に問い合わせるとよい。
アシナガバチやスズメバチの巣を業者に依頼すると大よそ 2 万円から 5 万円が必要になり、下記が主な費用明細である。
 1) 基本料金:約 10,000 円
 2) 活動期割増:約 4,000 円
 3) 高所作業:約 3,000 円
 4) 薬剤:約 2,000 円
 5) 清掃:約 5,000 円
 6) 処分:約 2,000 円

2) はアシナガバチやスズメバチがの活動期である夏頃は狂暴性が増し作業員に危害が及ぶので割増賃金が必要になる場合がある。
3) は高所作業時の保険等で業者側に必要になり、業者によっては高所作業用のハシゴや足場などが別途費用が必要になる。
4) 薬剤は巣または成虫したハチを駆除する殺虫剤であり、また同じところに巣を作らないように予防薬も散布してくれる。
5) 及び 6) は駆除したハチの死骸や巣の破片を清掃して持ち帰って処分してもらう費用となる。

4.ハチを殺虫剤で駆除する


ハチの巣の駆除を業者に依頼すると全てが安全に終了するものの、費用が数万円以上するので出費面で痛手を負う。
ハチの巣が出来て間もない頃や排気口の中に巣があるなど巣自体が小さいようでハチの活動期が終わる冬に自身で取り払うことも可能だが、それまでにハチが近所を飛び回って人を刺すようなことがあってはいけない。
そこで、市販されている殺虫剤をハチの巣に噴霧して成虫したハチの数を減らすだけでも近隣への被害を食い止めることができる。

ハチアブマグナムジェット 蜂駆除スプレー [550mL]
ハチアブマグナムジェット 蜂駆除スプレー [550mL]

Amazon で価格を確認する



最近ではホームセンター等で 1,300 円ほどでハチの撃退に効果がある殺虫剤が販売されており、簡単に入手することができる。
ゴキブリ用の殺虫剤など虫の神経を破壊する効果がある薬剤であればハチ用の殺虫剤でなくても駆除することは可能である。



上記の殺虫剤は地上から2階の屋根下まで届くので広い範囲で利用できハチに刺される心配が無く安全に駆除することができる。
噴射が強力であるがいえに、噴霧できる時間は約 45 秒であるため、ハチが多い場合は広範囲に噴霧したい場合は数本用意しておくとよい。

また、殺虫剤を巣に向けて日中に噴霧するとハチが出払っており効果がないのと、もしハチがいても攻撃的な時間帯なので危険性が高まる。
そのため、日中ではなく夕暮れ時のハチが巣に戻ってきてから噴霧するのが効果的である。
アシナガバチの巣は前述のように卵が目視できる形状のため、巣から殺虫剤の液が滴るほろ噴霧すると卵にも殺虫剤が浸透して孵化するのを防止することができる。
尚、下記のゴキブリ用の殺虫剤でも噴霧の飛距離が無いのでハチまたはハチの巣に近づく必要はあるがアシナガバチの撃退に効果があるのは確認できた。

ゴキジェットプロ ゴキブリ用殺虫スプレー [450mL]
ゴキジェットプロ ゴキブリ用殺虫スプレー [450mL]

Amazon で価格を確認する



5.ハチ撃退後に巣を撤去する


アシナガバチ撃退後の巣の状態


アシナガバチの巣に向けてハチ専用の殺虫剤を噴霧し、中から数匹のハチが出てきたもののすぐに巣から半径数 m の範囲に落ちるのを確認した。
そこからさらに巣が殺虫剤の液で浸るほど噴霧し、ハチが活性化する夏から秋は放置して雪が降る寒い時期に巣を撤去することにした。
今回ハチの巣があった場所は通気口の中に作っていたので細長い棒状のもので無理やりこそぎ落とすつもりであったが、宿主不在となったハチの巣は換装して通気口から落ちかかっていたので棒で突くだけで地面に落ちてきた。

巣は上図のようにまだ孵化していない卵が残っているもの、これらが孵化して成虫になったり卵がまだない箇所に卵を産み付けられて出てくることを想像すると早めの対応が功を奏した。

裏側から見たアシナガバチの巣


裏側から見たアシナガバチの巣は上図のようにシャワーヘッドのような形状をしており、巣上部の黒色の部分が巣が落下しないように壁などにくっつく場所となっている。
宿主不在となってから巣は半年近く放置されていたわけだが、落ち葉のように手でくしゃくしゃにできるほど柔らかも脆くもなく、しっかりとその形状を保っている。
踏みつけると多少は圧縮されるものの破片一つ出ることなく、壊れる様子がない。

横側から見たアシナガバチの巣


上図は横側から見たアシナガバチの巣であり、通気口の形に合わせて巣が作られたのがよくわかる。
こうやって巣全体を見渡すと成虫のハチが出入りするのは表面の卵があるところからに見受けられるが、中の構造を見るには手で破くにはかなりの強度があり何らかの刃物が必要となる。
巣を振ると何か乾いた大きな物体が動くのを感じたので殺虫剤で息絶えた女王ハチが巣の中にいたのかもしれない。



今回は幸い、アシナガバチの被害にあった人を出さずに殺虫剤だけで撃退できたものの、ハチの巣が二階以上にあると対応できていなかっただろう。
また、ハチの巣が容易に除去できたのも幸いであったが、時間が経過してもかなりの強度を保ったままなので棒などで突いてすぐに壊れるものではないので夏場などハチの活性時期にはやはり業者に依頼したほうが負傷者を出さずにハチの駆除ができるのではと考える。

関連記事