10 年以上前のアクセス数 0 の記事が書き直し(リライト)で人気記事になった様子を紹介


[初回公開] 2020年08月15日

一度公開したもののアクセス数が全く無い 0 のコンテンツや記事は書き直し(リライト)することで一時的だが検索結果の上位に表示されることがあり、検索エンジンから高い評価を得られればそのまま検索結果に上位表示されたままとなりアクセス数アップにつながるのでそのリライトとリライト後の効果について紹介する。

10 年以上前のアクセス数 0 の記事が書き直し(リライト)で人気記事になった様子を紹介




1.書き直し(リライト)とは


リライト(rewrite)とは「書き直し」を意味し、一度公開したコンテンツや記事の主となるテーマは変えずに掲載内容を加えたり、言い回しをわかりやすいものに変えることで閲覧者に取って有益な情報を充実させることである。
検索結果の上位に表示させる SEO の観点では閲覧者に有益なコンテンツ作りが求められるため、相互してリライトにより検索結果に表示されやすくなりアクセス数、ページビュー数の増加につながる。



2.書き直し(リライト)によるアクセス増加の検証結果


リライトによるアクセス増加の検証結果を確認するため、公開して 10 年以上経つ全くアクセスが無い記事を 2 つと最近公開して毎日平均 25.84pv ある記事の 1 つを実際にリライトを実施した。

1. 15 年以上前の記事をリライトしたアクセス数の結果


まず 1 つ目の検証結果として 15 年以上前に公開してほぼアクセス数が 0 になっている記事をリライトした結果が下図である。

15 年以上前の記事をリライトしたアクセス数の結果


2020年07月中旬にリライトを行ったところ、リライト直後からアクセス数が微増し、3 ヶ月後からは 1 日の平均が 50pv のアクセスがあるのがわかる。



2. 14 年ほど前の記事をリライトしたアクセス数の結果


次に 2 つ目の検証結果として 14 年ほど前に公開してほぼこちらもアクセス数が 0 になっている記事をリライトした結果が下図である。

14 年ほど前の記事をリライトしたアクセス数の結果


2020年05月中旬にリライトを行ったところ、リライト直後からアクセス数が微増し、3 ヶ月後からは 1 日の平均が 100pv のアクセスがあるのがわかる。

3. 元々アクセスがあった記事をリライトしたアクセス数の結果


最後に元々毎日の平均が 25.84pv だった記事をリライトした結果が下図である。

元々アクセスがあった記事をリライトしたアクセス数の結果


05月19日にリライトしたところ、翌日からアクセスが微増し、そのままアクセスは増加傾向にあり今では毎日の平均が 39.41pv のアクセスが状況にある。

4. リライトした結果の総評


以上 3 つの結果より、記事の書き直し(リライト)でアクセスが 0 になってしまっている記事は再び平均的にアクセスがある記事となり、元々アクセスがあった記事もさらにアクセス数を増やす結果となった。

リライト直後からアクセスに結びつくことから新規記事よりもリライトの方が効果がでやすいと思われる。

また、古い記事をリライトして大きな効果が見られるようになるまでは 3 ヶ月かかり、元々アクセス数がある記事のリライトはすぐに効果が表れる傾向にあると考える。

3.記事をリライトするときの注意点


自身のコンテンツまたは記事を書き直し(リライト)する場合に注意すべき事項があり、闇雲にリライトを実施しても効果が出ない、またはリライト前よりも検索結果順位を落とす要因になり兼ねないので下記の点に注意する。

1. 短い期間で何度もリライトしないこと


記事をリライトとしても検索エンジンが記事を評価し、その後、検索サイトにインデックス化されるまで最短で一週間から二週間かかるので、数日おきにリライトしないようにするほうがよい。
上記の検証結果のように、リライトして結果が表れるのは 3 ヶ月ほどかかるため、短い期間でリライトを繰り返してもすぐ検索結果に反映されないため的確にリライトが実施できたか確認するためであり、リライトは数ヶ月おきぐらいに行うのが理想とされる。

2. 内容を大きく変えてリライトしないこと


記事をリライトして検索結果の上位に表示されるようになるのは、検索エンジンが前の記事よりもリライト後の記事の方が良いと判断した結果であるため、リライト前の元の記事から大きく内容を変えると反対に検索エンジンからの評価が下がる要因になってしまう。
そのため、リライトにおいては古くなった情報を新しい内容に差し替えたり、その記事の本質から逸脱しない程度の補足や追加情報を追記する程度に実施するのが好ましい。

特に製品や時事ネタを記事として公開している場合は古い記事のままだと閲覧者にとって有効性が低いと判断されて評価が低くなるため、最新情報がある状態を心がけるとよい。

4.リライト後の内容が検索結果に表示されても元に戻ることがある


リライトした翌日は検索結果の上位に自身のコンテンツまたは記事が表示されやすい傾向にあるが、しばらくすると上位から消えるとともに検索結果に表示される内容がリライト前の元の状態に戻ることがある。
これには 2 つの理由が考えられる。

1. リライト直後のみピックアップする仕様


まず 1 つ目に検索エンジン側の仕様でリライト直後の記事は検索上位に表示しやすくなる傾向があると考えられる。
これまでいくつかの記事をリライトしてきたが、大半がリライト直後に検索結果の上位に表示されるとともに、「○時間前」と更新されたのが直近であることが示されていた。
その後、24 時間以上経過した記事は検索結果の上位に表示されなくなったため、検索サイト側の仕様で直近に更新された記事はピックアップされる仕様があると想像できる。

2. 検索エンジンの伝播の仕様


次に 2 つ目に考えられる点としては Google など検索エンジンは何十、何百台という大量のサーバで運営されているので検索結果の情報を持つサーバによっては最新の情報がまだ反映されておらずリライト前の古い内容で検索結果に出ることもある。
リライト後の新しい記事の内容を持つサーバが 1 つでも検索エンジン側にあれば自然に他のサーバにその情報が伝播されるので、いつ検索しても同じ順位で自身のコンテンツや記事が定着するまで待つようにする。



5.一番効果があるリライトの方法は time タグを入れること


アクセス数を上げるために一番効果があるリライトの方法は各コンテンツまたは記事に time タグを入れることである。
time タグは HTML タグの 1 つで年月日を表す YYYY-MM-DD の形式で記述し、記述した年月日が記事を公開または更新したことを示す役割がある。
記事に巡回してきた検索エンジンのクローラーはこの time タグも参照するので以前よりも新しい年月日になっていると記事が更新されたと判断して一時的に検索結果の上位に表示されやすくなる。

その後、記事の内容を再評価して閲覧者に有益な情報と判断されると検索結果の上位に表示されるように定着する。

また、閲覧者にとっても time タグに記載した年月日が新しいほど最近の記事と認識しやすくなるため記事の滞在率が高くなる傾向がある。

関連記事