Fortnite とスマブラに向けてコントローラーを導入してみた -Proコントローラー-

Nintendo Switch に初期同梱されているコントローラーでは Fortnite(フォートナイト)やスマブラ のように全ボタンを駆使したりレバーで細かなエイム調整を行うには向いていないため、操作性に優れた任天堂純正の Pro コントローラーを導入してみた。

Fortnite(フォートナイト)のスイッチ版に向けてコントローラーを導入してみた -Proコントローラー-




1.製品の仕様


Pro コントローラーは持ちやすいようにグリップ型となっており、場所を選らばないワイヤレスコントローラーとなっている。
ワイヤレスなのでバッテリーが内蔵されているのでやや重量がある。
 ・サイズ:縦106mm×横152mm×厚さ60mm
 ・質量:約246g
 ・通信機能:Bluetooth 3.0/NFC(近距離無線通信)
 ・センサー:加速度センサー/ジャイロセンサー
 ・振動機能

Nintendo Switch Proコントローラー


2.販売価格


店頭、インターネットともに 7,200 円前後で販売されている。

【任天堂純正品】Nintendo Switch Proコントローラー

【任天堂純正品】Nintendo Switch Proコントローラー

Amazon で価格を確認する



3.内容物


 ・Nintendo Switch Pro コントローラー× 1
 ・USB 充電ケーブル× 1

4.操作性


Nintendo Switch 同梱のジョイコンをグリップタイプで持った場合とボタン配置は変わらないが、ボタンや各種キーなど全体的に Pro コントローラーの方が大きくいのでボタンが押しやすい。
レバーキーは購入当初からやわらかいので使いこむたびにやわらかくなったり操作感が変わることはない。
Nintendo Switch で Pro コントローラーを始めて使う場合は本体に新しいコントローラーとして認識させる必要があるが、HOMU メニューを開いて「コントローラー」を選択して Pro コントローラーの L + R ボタンを押すだけですぐに利用できるのが良い。



5.満足点


コントローラー自体がやや重さがあるが軽すぎて操作がブレることがなく安定して利用できるのと、ボタンが大きいのですばやいボタン操作が必要な場合でも的確に押すことができる。
本体同梱のジョイコンはボタンが小さく、押したときのボタンの固さがあり長時間遊ぶのには向いていないが、Pro コントローラーはボタンが大きく、押す場合に力がいらないので長時間遊んでも疲れないのが良い。
また、フル充電から 12 時間以上バッテリーが持続するの頻繁に充電する必要がないが、コントローラー上部に充電コネクターがあるので充電しながら遊ぶことができ時間を気にする必要がない。

Nintendo Switch Proコントローラーの充電コネクタ


6.不満点


コントローラーが大きく充電の持ちが長い分だけ、コントローラー自体に重量があるため手が小さくあまり力がない幼い子供には向いていないだろう。
また、純正品なので本体との親和性と耐久度は高いが販売価格は他社メーカーのコントローラーと比べると高い点が挙げられる。

7.総評


任天堂の製品は小さい子供が少々手荒く扱っても壊れない設計がされているため純正品である本製品も耐久性には定評がある。
購入価格はやや高いがジョイコンをグリップモードで遊ぶ場合と比べると手への負担が少なく各種ゲームも遊びやすくなるのでアクションゲームをする場合には向いているコントローラーである。

関連記事


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント