イベント「ちよろず!一夜城(2020年07月度)」の攻略 -戦国IXA 千万の覇者-

イベント「ちよろず!一夜城」は昼と夜のりーぐ戦の時間帯にクエスト進行や一騎討ちで得られるポイントの合計で順位を競うもので、順位を大きく変動させる一発逆転の大砲とその大砲を防御する城壁を使った戦略が必要になる。

イベント説明




1.イベント説明


一グループにつき 25 同盟が参加して、その内、自分の同盟含む 5 同盟が日ごとに昼の部と夜の部のポイントの合計で順位を競うイベント。

[築城期間]
イベント期間中の金曜日から翌週水曜日の計六日が築城期間となり、りーぐ戦の時間帯となる 12:00 ~ 13:44 と 21:00 ~ 22:44 が他の同盟と築城ポイントの獲得総数が多い順位を競う。
築城ポイントはクエストの進行、大殿戦の攻撃と討伐時、勝敗に関わらず一騎討ちで得ることができる。

一騎討ちでは築城ポイントの他に大砲ポイントも得られ、このポイント数に応じて他の全同盟に対して築城ポイントを減らす大砲による攻撃を行うことができ、大砲ポイントが多いほど
放つ大砲レベルも上がり効果も高くなる。
クエストの進行では築城ポイントの他に城壁ポイントも得られ、このポイント数に応じて他の同盟が放った大砲による築城ポイントの減少を軽減する城壁で防御することができ、城壁ポイントが多いほど城壁レベルも上がり効果も高くなる。
大殿戦では攻撃または討伐に応じて築城ポイントのみ得ることができる。

[築城準備期間]
他同盟と競う築城期間以外の時間帯は全て築城準備期間となり、メンテナンス後から開始となる。
イベント専用のクエストを進行すると稀に煮干しを獲得することができ、煮干しは築城期間中に利用すると獲得する築城ポイントが 30% 増加する。
また、イベント専用のクエスト進行時に大殿として「金山」が出現することができ、「金山」を討伐すると築城期間中に出現する大殿に固定ダメージを与えることができる「俸禄所」を獲得できる。
「俸禄所」は大殿討伐の他、クエストの進行と火くじを引いた時にも得ることができる。

[前回からの変更点]
今回は仕様の変更点は無い。

2.ちよろず!一夜城の褒美


イベント「ちよろず!一夜城」では次の 3 種類の褒美が用意されている。

[築城順位]
一日ごとに築城ポイントによる順位で功績ポイントと万くじチケットが配布される。
功績ポイントは計六日間の累計数が多い順番で順位付けされる。

築城褒章


[功績ポイントランキング]
功績ポイントの総合計で順位付けし、その順位別で褒美が配布される。
イベント開始時に各同盟はこれまでの同盟官位武勇ポイントに応じてグループごとに分けられ、上位グループの褒美には"草薙の剣"と"攻防ボーナス"を得ることができる。
グループ四以下は"草薙の剣"ではなく"クロにゃん"になる。

[個人築城ポイント]
個人ごとに築城ポイントの総数で褒美が配布され、その中でも"赤くじチケット"はイベント「ちよろず!一夜城」でしか入手できないアイテムであり、"赤くじチケット"を五枚消費して一回引くことができる"赤くじ"に挑戦することができ、120 枚貯めると[覇]確定の"赤くじ"を引くことができる。

累積築城P褒章


3.Lv8の大砲の威力


イベントのたびに大砲の威力や獲得できる築城Pの仕様変更が入るのでそのたびに戦略を立てる必要があるが、実際に高レベルの大砲で一発逆転が図れるかを大砲レベルを8まで上げた状態で結果を確認してみる。
大砲を撃つ状態は下図のようになっており、自同盟は一位を維持している。
大砲の威力は順位が上のほど下位の同盟に対して威力が減るので一位の状態での大砲利用はやや不利とも言える。

大砲を撃つ前の順位


次に大砲を撃った後の各同盟への影響が下図となる。

大砲発射後


防御しなかった二位の同盟が所持している築城ポイントは約 1,500,000 は消滅、四位と五位の同盟も約 500,000 ほどあった築城ポイントは消滅した。
唯一、三位同盟は城壁レベル6で防御したもののそれも約 1,300,000 のダメージを与えて築城ポイントが消滅した。
結果、大砲レベルが8にもなるとそれを下回る城壁レベルだと簡単に大ダメージを与えることがわかった。

4.イベント考察


前回から二ヶ月の間隔を空けての「ちよろず!一夜城」開催となり、定期的に開催されているので[覇]が確定で排出される"赤くじ"のチケットがその度に入手できる。
大殿戦や一騎討ちで築城ポイントを貯めてその総数で他のユーザや同盟と競う点は他のイベントや通常開催のりーぐ戦と変わりないが、本イベントでは大砲の使い方で順位が大きく変動する特徴がある。
大砲を利用するために必要な大砲ポイントは一騎討ちでしか獲得できないため武力回復が重要になるが、最新クエストと対戦防御成功だけでなく築城期間に入った時点での武力の回復は一切無いため、築城準備期間では武力の利用は控えたほうがよい。
また、昼の部で貯めた大砲ポイントと城壁ポイントは夜の部には引き継げないため、昼の部の開催期間中に利用しておくとよい。
大砲を何時使うかが重要なポイントになりがちだが、クエスト進行で得る築城ポイントも大きいため、相手の大砲レベルが低くて自同盟の築城ポイントが抜きん出ているのであれば大砲を気にする必要は無い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント