Googleで検索されたキーワードと検索結果表示回数を確認する

ウェブサイトの管理人、運営者にとってアクセスアップの要は Google など検索エンジンの結果に自サイトがどれだけ表示されるか(SEO)にかかってくるが利用者がどのようなキーワードで検索したか、その検索結果に自サイトが何回表示されたかを確認することが"Google Search Console"でできる。

SEO




1.Google Search Console とは


"Google Search Console"とは Google が提供するサイト管理者向けのツールで、利用するためには Google アカウントが必要になる。
無料で利用することができ、Google の検索結果に表示されるか否か密接に関わってくる。
もちろん Google のツールなので他の検索エンジンとは無関係となり、より多くのアクセスアップを見込むのであればそれぞれの検索エンジンに対応が必要となる。
"Google Search Console"ではサイトマップと呼ばれる各コンテンツの URL を記載したファイルをアップロードすることで後日、Google の検索ロボットが自サイトを巡回して申請されたコンテンツの有無をチェックする。
問題なく検索ロボットがコンテンツを認識すると検索結果に表示(インデックス化)されるようになる。
その他、インデックスの数量やコンテンツが無いなどのチェックを行うことができる。

2.検索キーワードと表示回数を確認する


ここでは"Google Search Console"に既に自サイトを登録していることを前提に解説する。
"Google Search Console"にログインすると左上に登録済のサイト URL が表示される。
複数サイト登録している場合はこの左上の URL 部分で切り替える。

Google Search Consoleの検索パフォーマンス画面


その後、左メニュー内より「検索パフォーマンス」をクリックすると Google の検索結果における合計クリック数、合計表示回数のグラフが表示される。
画面下部にスクロールすると具体的にどのようなキーワードの時に Google の検索結果に表示されたか、さらにその表示回数(下図右の数値)とクリックされた回数(下図左の数値)が表示される。

検索キーワードと表示回数


3.総評


昔の SEO 対策ではキーワードを一つまたは二つに絞ってコンテンツを最適化してきたが、最近ではスマートフォンの音声操作の普及で「〇〇とは」や「〇〇をしたい」といった口語的な検索が増えて来ている。
そのため検索パフォーマンスで予想だにしない検索や以外なキーワードの組み合わせを知る結果にもなるので定期的に確認してコンテンツの追加や更新を行うとよい。

表示回数の割にはクリック数が多い場合はコンテンツとして最適化が整っている状態か、他に競合するサイトが無いことが考えられるので類似コンテンツを増やすとアクセスアップが見込める。
また、表示回数が多いのにクリック数が少ない場合は、コンテンツのタイトルの見直しか検索結果にコンテンツの説明文(description)を見直す必要がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント