PowerPoint でグレースケールの印刷時に出る図形の枠線を消す -Officeソフトの技(35)-


[初回公開] 2020年04月30日

PowerPoint でグレースケール、いわゆる白黒印刷した際に図形に枠線が出ることがあり提出または会議等で利用する資料としては見づらくなるので印刷時に枠線が出る原因と枠線を消す方法について紹介する。

PowerPoint でグレースケール時に出る図形の枠線を消す




1.グレースケールとは


グレースケールとは三原色を用いたカラー印刷(RGB、CMYK)と異なり、白色と黒色だけで構成尾された配色パターンのことである。
Ofiice でグレースケールの設定は印刷時にのみ行うことができ、グレースケールに設定すると白と黒の二色ではなく赤や青といった色相と薄い・濃いといった色の濃淡は全て白色と黒色を混ぜた灰色で表現される。



2.PowerPoint をグレースケールにするメリット


PowerPoint をグレースケールにするメリットは、印刷時に利用するプリンタのインクのコストダウンにつながる。
プリンタのインクまたはトナーは黒だけで済む、一般的にカラー印刷だと 1 枚あたりにかかるコストが十数円に対して、グレースケールを用いた白黒印刷にすると 1 枚あたり 10 円以下となり経費削減になることから自治体やコスト意識のある企業では白黒印刷を推奨しているところが少なくない。



また、色弱など目に障害を持つ人にとては赤系のイラストや文字が見づらいことがありグレースケールにすることでユニバーサルデザインに配慮した資料作成にもつながる。

3.PowerPoint の印刷で枠線が出る原因


PowerPoint の印刷時に枠線が出る原因としては、編集中の PowerPoint ファイルをグレースケールにしても全てが白黒基調に自動変換されるものではなく、スライドに設置した図形などオブジェクトに対してグレースケールの設定を行うことができるためである。
グレースケールの設定はいくつかあり、その中で枠線が出る設定になっていることで印刷時に枠線が表示される。

4.PowerPoint の印刷時に枠線を消す方法


PowerPoint の印刷時に枠線を消す方法として、まずは枠線が出る状況を再現する。

PowerPoint のスライド上に図形を設置


PowerPoint を開いて上図のようにスライド上に背景色は白色、枠線は無しの図形を配置する。

グレースケールで印刷すると枠線が出る様子


この状態でカラー印刷するとスライドと図形の背景色は白のまま文字だけが印刷されるが、印刷メニューの最下部にある「カラー」を「グレースケール」に変更すると画面右部のプレビュー内で配置した図形に枠線が付くのが確認できる。

表示 -> グレースケールを選択


次にグレースケールで印刷時に図形に表示される枠線を消すためにはスライドに設置した図形ごとにグレースケールの設定を変更する必要がある。
スライドに設置した図形を選択した状態で上部メニューの「表示 -> グレースケール」を選択して画面表示をグレースケールモードに変更する。

選択したオブジェクトの変更で白を選択


上部メニューの「表示 -> グレースケール」を選択すると上図のように同じく上部メニューにグレースケールの設定(選択したオブジェクトの変更)が表示される。
表示時点では「自動」となっているため、「白」を選択する。
次いで「カラー表示に戻る」をクリックするとグレースケールモードから通常のカラーモードとなり、従来の PowerPoint の編集画面に戻る。

グレースケール時の印刷で枠線が消えた状態


グレースケールの設定を変更した後、再度、印刷プレビューを表示すると図形に枠線が付いていた変更前に対して、設定後は図形に枠線が無い状態になっているのが確認できる。

関連記事