メール送信時にエラーが表示されて送信できない場合の対応

パソコンを入れ替えるなどでメーラーの再インストール、またはメーラーを変更した後にサーバの設定は行ったのにメール送信しようとすると「553 sorry that domain isn't in my list of allowed」と表示されてメール送信できないことがある。

メール送信トラブル




1.553エラーの内容


「553 sorry that domain isn't in my list of allowed」の内容はメールサーバ側で第三者の不正送信を防ぐ目的で正当な利用者であるか認証方式を用いてセキュリティ対策されている場合に表示される。
メール送信時(SMTP)に表示されるため、メール受信(POP)は行うことができる。
フリーメールアドレスを取得していて、久しぶりにメール送信しようとすると運営側でセキュリティ対策の向上が行われてこのエラーが出ることが多い。

2.エラーの対応内容


「553 sorry that domain isn't in my list of allowed」が表示されてエラーになった場合は、下記の3つのようにメーラーの設定でメール送信ができるようになる場合と、設定変更無しで解消される場合がある。

一つ目は、メーラーの設定でSMTP認証を有効にする。
メーラーによって設定箇所は異なるが、概ね「SMTP 認証」の項目にチェックを入れて認証用のアカウント情報を入力する。

SMTP認証


二つ目は「POP before SMTP」の設定を有効にする。
こちらもメーラーによって設定箇所が異なり、チェックを入れて有効化する。

最後の三つ目は設定ではないが一度受信(POP認証)を行ってからメール送信するとメール送信できる場合がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント