ノートパソコンのHDDをSSDにOSをコピーして換装する

HDDで稼働しているノートパソコンの処理を上げるのに非常に効果があるSSDへの換装のため、OSや使っていたソフトウェアを再インストールしたりデータを移動するのは非常に大変に思えるが丸ごとコピーするソフトを利用すれば非常に簡単にSSDへの換装が可能になる。
HDDからSSDに換装した手順は次の通りである。



1.SSDに換装するための準備物


ノートパソコンのHDDをSSDに換装するためにはSSDはもちろん、SSDにOSをコピーするためにケーブル類が必要になるが、2.5インチのケースを用意すればケーブル類もあり個別で用意する必要がない。
ケースによってはOSをコピーするソフトウェアも同梱されている製品もあり、今回はその同梱版でOSをコピーする。




2.SSDを外付けケースに装填する


利用中のOSのコピーを行うためにSSDを入れたケースを外付けディスクとしてパソコンに接続する。
そのためにケースにSSDを装填し、ケースにはUSBケーブルを差し込む。
最近のケースはネジが不要で手でケースの蓋の開閉からSSDやHDDの本体も脱着が可能になっていることが多い。

SSDを外付けケースに装填


3.SSDを外付けの記憶メディアとしてパソコンに接続する


SSDが入ったケースをUSBケーブルでパソコンに接続するとUSBメモリや外付けディスクのように外部記憶領域として利用できるようになる。
しかし、フォーマットされていないSSDやHDDの場合は数のようにパソコンに接続しても何も表示されないため、フォーマットしてパソコンが認識できるように手順を踏む必要がある。

外付けSSDが認識しない


フォーマットするためには「スタートメニュー -> Windows管理ツール -> コンピュータの管理」より「コンピュータの管理」を開く。
その中より「記憶域 -> ディスクの管理」を選択すると"不明"と表示されたディスクが表示されているのがわかる。

不明のディスク


「ディスクの管理」が表示されると同時に「ディスクの初期化」のウィンドウも表示されるのでMBRにチェックが入った状態でボタン「OK」をクリックする。

ディスクの初期化


「ディスクの初期化」が終了すると"不明"から"ベーシック"と表示されているものの、まだ外部記憶領域として使えるようになったわけではない。
次いでOSがデータが書き込める領域を設定するためにボリュームの設定を行う。
右クリックしてメニューを表示する。

メニューの表示


メニュー内の「新しいシンプルボリューム」をクリックすると、「シンプルボリュームウィザードの開始」が表示される。

シンプルボリュームウィザードの開始


ボリューム作成のためにいくつか設定を行うが、まずはボリュームサイズを設定する。
接続しているSSDの領域が自動的に表示されるので、複数に書き込み領域を分ける必要が無ければこのままボタン「次へ」をクリックする。

ボリュームサイズの指定


次にOSが記憶領域として認識した際に表示するドライブ名を指定する。
内臓のHDDはCドライブとなっているようにアルファベットで設定するが、OSのコピーが終了するまでの間しか使わないので空いているドライブ名を指定してボタン「次へ」をクリックする。

ドライブ文字またはパスの割り当て


最後にファイルシステム等を確認した上でボタン「次へ」をクリックする。

パーティションのフォーマット


ここまでの設定でフォーマットする準備が整ったのでボタン「完了」をクリックするとフォーマットが実行される、。

シンプルボリュームウィザードの完了


フォーマットが完了するとディスクの管理画面上でSSDにボリュームが割り当たっているのと、ドライブ一覧を見てもEドライブが追加されて書き込める状態になっているのがわかる。

フォーマットの完了


外付けSSDが認識


4.HD革命で外付けの記憶メディアにコピーする


ここからはインストール済のソフトウェアを含めたOS全てをSSDにコピーする。
今回はケースに同梱されていた「HD革命」を利用する。
尚、このケースにおいては「HD革命」のシリアルがケースに貼られており、このシリアルを使って「HD革命」をダウンロードする。
この時にインストール時に利用するシリアルが表示されるので、「HD革命」が利用できるまでには計2つのシリアルが必要になる。
「HD革命」インストール後はOSの再起動が必要になり、全データを確認するためか15分ほど要した。

「HD革命」を起動すると、下図のようにメニュー画面が表示される。

HD革命の起動


「ハードディスクのコピー」をクリックするとコピー元のディスクとコピー先のディスクを選択する画面に遷移する。

コピー元とコピー先の選択前


左欄のコピー元は利用中のドライブとなるので「ハードディスクC」にチェックを入れると、右欄のコピー先のディスクには「ハードディスクE」が自動的に入力されるので、ボタン「次へ」をクリックするとSSDへOSのコピーが開始される。

コピー元とコピー先の選択後


5.外付けケースからSSDを取り出す


OSのコピーが終了すれば、実際にノートパソコンにSSDを差し込んで起動させる。
そのために一度利用中のパソコンの電源をシャットダウンし、工具を使ってHDDを取り出す。

HDDの取り出し


6.パソコンのHDDをSSDと交換する


取り出したHDDを見てみると、振動によるHDDの故障を防ぐために振動防止のゴム製のパーツが付いているので、こちらも工具を使ってHDDから外す。
ノートパソコンによっては直接HDDが本体に装着されている場合もある。

HDDからガイドパーツを外す


HDDから外したガイドパーツを次はSSDに装着し、ノートパソコンに装着する。
最後にノートパソコンの背面パネル等を元通りにはめ直せば電源ボタンを押して起動を確認する。
「HD革命」によるOSのコピーとSSDの装着に問題が無ければHDDの時と同じようにWindowsの起動画面の後にログイン画面が表示され従来通り利用できるはずだ。
一点違うことは起動までの速度が非常に早くなっているのを体感できるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント