個人情報が捨てやすくなる、DVDもカードも断裁できるシュレッダー -NSH-101-

年末が近づきオフィスや自宅の大掃除に取り掛かる季節だが、宛名が書かれたクレジットカードの明細や子供の氏名が入ったテストや宿題のプリントを捨てる場合など個人名が読み取れる状態で捨てるのは非常に気になる。

氏名など個人情報が記載された箇所だけ手で細かく千切って破棄するのが好ましいが、量が多くなるとその作業も大変だ。
そこで、手動式のシュレッダー"クルッキルクロス(NSH-101)"を購入してきた。

クルッキルクロス


1.製品の仕様


・断裁対象
A4用紙(クロスカット 3 × 20mm)、DVD/CD(3 分割)、カード(4 分割)

・外形寸法(W×D×H)
約293 × 144 × 178mm

・質量
約 1.8Kg

・ダストボックス容量
約 3.3 リットル

2.販売価格


店頭では 2,200 円、インターネットでは 2,000 円前後で販売されている。

クルッキルクロス

クルッキルクロス(NSH-101)

Amazon で価格を確認する



3.内容物


・取り扱い説明書
・ハンドル

4.操作性


断裁したい対象を投入口に差し込み、ハンドルを回すだけで断裁してくれる。
巻き込む力が強いので断裁途中で対象物が機器から外れるようなことがない。

5.満足点


紙の断裁が非常に軽いながらも細かくなるので元記載していた内容の識別が非常に難しくない状態になり業務用に近い断裁能力がある。
特に A4 サイズに対応しているので小さなシュレッダーにありがちな投入口に合わせて一度小さくする作業が無い点は使いやすい。
断裁の歯がしっかりしてしており、厚紙や写真程度でも断裁することができる。

6.不満点


購入して何十枚か断裁してみたが、不具合は感じていない。
断裁の歯がしっかりしている分、重量があるのでダストボックスからクズを取り出す際は落下させてケガしないように注意が必要。
本体とハンドルをつなぐシャフトが細いのでうっかり紙を2枚重ねで断裁するとハンドルが非常に重くなり、気を付けて利用しないとシャフトが曲がるなど故障の可能性が高そうだ。

7.総評


ハンドルが軽いので女性でも使いやすく、A4 用紙がみるみる断裁できるので大掃除が捗る。
処分に困りがちな封筒(のりしろを外して広げておくこと)やはがきもこれ一台で片付く。
プリクラも断裁してみてが、シール部分が歯に張り付くのとフィルムがあることで綺麗に断裁はできないが、切れ目が付くので手で千切りやすくはなる。
ホッチキスの針があると歯を痛めるので、必ず取ってから断裁する必要がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント