認識しなくなった microSD カードを修理に出す

家電量販店の広告を見ていると 1,000 円前後の少額商品が掲載されていることがあるが、それらの商品が故障しても「安かろう悪かろう」でそのまま放置したり破棄していないだろうか。

今回はパソコンやスマートフォンで認識できなくなった microSD カードを購入店に持ち込んでどのような対応になるか確認してみた。

修理完了引き渡し票


1.購入した microSD カードについて


最近の USB メモリやデジカメ等に利用する SD カード、microSD カードは低価格ながら記憶できるデータサイズが各段に上がっている。
ワゴンセールで販売されている商品も 32GB のものが出てきており、通常は 1,980 円で販売されている 32GB の microSD カードが 980 円だったので数枚購入した。

2.microSD カードの症状


初めは利用できていた microSD カードだが、時折認識できない事象が発生し、使っている間に認識できない間隔が狭まりついには全く認識しなくなった。
パソコンで認識できる内にフォーマット(初期化)もいくつかのソフトウェアで試してみたがその効果も無かった。

3.家電量販店への持ち込み。


購入時の保証書は保管していたので、その保証書と microSD を購入した家電量販店に持ち込んだ。
この手の商品は持ち込んだ店舗で動作確認はせずにメーカーでの修理対応になるとのことで修理をお願いした。
記憶媒体なのでデータ抹消に関する諸注意の説明を受け、約2週間で回答があるとのことで店舗を後にした。

4.修理対応のその後


家電量販店から連絡があり、メーカーの判断としては商品の故障となり修理できないので同等品との交換となった。

交換されたmicroSD


もちろん交換なので故障した microSD の代わりとなる未開封新品の microSD と修理時に出した microSD アダプタが返ってきた。


インターネットでいろいろ購入できる時代だが、自分でメーカーの問い合わせ窓口を調べて発送することを考えると少額とはいえ故障時に対応してもらえるのは店舗購入の強みである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント