メモリを開放してスマホの動作を軽くする(HUAWEI nova lite 編)

スマートフォンの CPU やメモリなど端末自体のスペックが上昇し、処理落ちやフリーズは以前よりも改善されてはいるが提供されるアプリの方も向上し必要とするリソースが増えているためアプリを停止させたりリソースの開放は定期的に行うほうがよい。

最近のスマートフォンには購入時から CPU やメモリなどリソースを最適化するツールがインストールされているので別途メンテナンス用のアプリを入れる必要がないが使い方は機種によって異なっている。

今回は Huawei の nova lite(Android 9) でのリソース開放を行う。

1.オプティマイザを開く


CPU やメモリなどリソースを開放するためにはまず「オプティマイザ」を開く。
「オプティマイザ」はインストール済みのアプリ一覧にあるので、タップして起動する。

アプリ一覧



2.最適化の実施


「オプティマイザ」を開くとクリーンアップやウィルス対策などの管理機能があり、その中で「最適化」をタップする。

最適化



3.最適化の効果


最適化を行うとクリーンアップやメモリ開放のパフォーマンス、バッテリー向上など不要な情報の削除や機能のオフを一括で行ってくれる。
アプリを起動して動作が重たい場合は最適化を行うと起動中の動作が改善するだけでなく、次回起動時の読み込みの待ち時間が短縮されるのが体感できる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント