子ども会や納涼祭で役立つ縁日グッズはネットで購入

夏休みには子供向けのお祭りや地域の納涼祭が、冬にはクリスマス会、卒業入学シーズンには歓送迎会が開催されるところが多いと思うが、いざ準備する立場になると予算内に多くの物を購入する必要があり頭を悩ます。

手に取って商品を見ることができる店舗での購入は安心感はあるが少々高いのと、縁日向けの商品を取り扱っている店舗は少ない。
そこで、インターネット上でのショップを使うと駄菓子店や夜店業者が扱うような商品も個人で購入できるので盛り上がることは間違いない。

1.予算と来場者数を想定する


子ども会にしても地域の納涼祭にしても必ず上限となる予算があるのでまずは予算を念頭に置く。
予算を把握することでうっかり買いすぎたり、少ししか商品がないのに高額にならないように気をつける。
次に、来場者の数を想定し、商品のバリエーションや1つの商品あたりの個数に算段をつける。
例えば予算が 20,000 円で子供の数が 30 人であれば、単価が 100 円から 150 円ほどの少し高額なものにし、残りを単価 50 円ほどに設定すると 10 種類ぐらいの商品を揃えることができる。

2.送料が必要なことに注意する


インターネットで安価に手軽に購入できる反面、送料がかかる点に注意しなければならない。
送料は離島でなければ 1,000 円ほどなので、できるだけ同じ店舗でまとめて購入しておきたい。
縁日のグッズは 1,000 円でも個数の多い良いものが買えるので、送料で無駄になるのは避けたい。

3.縁日の定番、ボールすくい


金魚すくいで利用されるポイとスーパーボールを大量に購入することで、ボールすくいを提供することができる。
キャラクターが描いていない商品だと数百円で 50 個、100 個と入っているので量で見せる場合に打ってつけである。
ボールを浮かべるプールは子供用のビニールプールや、大きめのタライに水を張れば完了する。
スーパーボール以外には水に浮かぶアヒルやゴム製の金魚を模したもので代用が可能。
> スーパーボールを探す

スーパーボール



4.生活雑貨で高額感を出す


文具や歯ブラシ、トートバックなど日常生活で利用できる商品は店舗で販売されている価格が想像できることからもらうと高額に感じ取られることが少なくない。
実際にインターネットでまとめて購入すると、店舗では 100 円から 300 円ほどで売られているものが単価 100 円未満で手に入るので活用しない手はない。
生活雑貨は人気キャラクターの絵が描いたものが多いので年齢層、性別で揃えておくとよい。
> トートバックを探す

トートバック



5.困ったときの当たりくじ


駄菓子店でよく見かける当たりくじもインターネットで購入することができる。
子供受けが良い上に商品が 80 から 100 個付いて 3,000 円ほどで購入できるのでコストパフォーマンスが高い。
揃える商品に困ったときは1つ当たりくじがあると盛り上がる。
> 当てくじを探す

当てくじ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント