Word のヘッダーとフッターにできる改行を無くして見た目を良くする -Officeソフトの技(30)-


[初回公開] 2019年08月14日

Office 製品の Word には本文入力欄とは別に全ページ共通で文字は画像などを挿入することができるヘッダーとフッターが設けられているが、図形や表をヘッダーとフッターに挿入するとその下に改行も入り、印刷と見た目ともに余分な余白となるためこれを除去する方法を紹介する。

Word のヘッダーとフッダーにできる改行を無くして見た目を良くする




1.ヘッダーとフッターとは





Office 製品の Word や Excel にはヘッダーとフッターを挿入する機能があり、各ページに記載する文章類はとは別に印刷時にのみ表示される領域で、ヘッダーとフッターに記入した文字などは印刷時に全ページに掲載される。
ヘッダーとフッターには文字の他に図形や表を配置することもできるため全ページに企業や商品ロゴを表示させたり、文章名を掲載することができる。

また、ヘッダーとフッター用の関数が用意されており、文書の総ページ数の他、各ページ数を表示することもできる。

2.ヘッダーとフッターに改行が入る状況



ヘッダーに表を挿入


Word のヘッダーに文字や表を入れるには上部メニューの「挿入 -> ヘッダー -> ヘッダーの編集」を選択するとヘッダーの編集モードになり、フッターの編集を行いたい場合は「フッターの編集」を選択する。



ここで上図のように表を挿入すると表の下に改行が生成されるが、これは元々ヘッダーとフッターにはテキスト一行分を入力する幅が確保されているためで、図形や表を入れることで本来テキストを入力するはずだった一行分が図形の下に押し出された結果である。

3.ヘッダーとフッター改行があることの弊害



改行があることによる弊害


ヘッダーとフッターの編集時に初期からある改行は BackSpace キーで削除することができず常に残ったままとなる。
ヘッダーとフッターを未編集の場合で文字列は無くても一行分の余白は必ず取られるので印刷しても気づかないことが多いが、図形や表を挿入するとヘッダーの領域と本文の一行目の間に入力カーソル分の空行ができてしまうので、紙への印刷時や PDF 出力する際に望んだレイアウトにならない場合がある。

4.ヘッダーとフッターの改行を無くす方法



ヘッダーの改行を無くす


Word のヘッダーとフッターに存在する改行を無くすには、ヘッダーまたはフッターの編集モードにして改行の箇所にマウスのカーソルを合わし、その状態で文字サイズを 1 にすると改行の幅が狭まり見た目の上で改行が無くなったように見せることができ、上図のように表と本文の一行目の間に余白がなくなりデザイン性が上がる。



ヘッダーまたはフッターで小さくした改行を元に戻したい場合は、同じくヘッダーの編集モードにして最終行と思わしき箇所を選択し上部メニューから文字サイズが 1 となっている数値を 1 以上に上げることでカーソル幅ができ、元のカーソル幅に戻すことができる。

関連記事