日産の純正ドラレコの使い勝手



ドライブレコーダーは事故の時の証拠として利用するほか、最近では迷惑ドライバーとのトラブルの証拠を残すために車に搭載する人が増えている。

そのためドラレコを付けるのは「何かあったときのため」という目的の人が多いかと思うが、ナビやオーディオ類と違って日頃から操作する機会が無いのでいざ利用しようとすると使い方がわからないという事態は避けたい。

セレナを購入して一年以上経過するが、ドラレコの操作を確認しておこうと今回初めてマニュアルを読んでみた。

G20A0-C9980


1.製品の仕様


・型番:G20A0-C9980
・本体サイズ:W79×H22×D48 mm
・質量:97g
・GPSアンテナ付き
・記録媒体:microSD(同梱:8GB)
・記録フレーム:27fps
・画像サイズ
 最高画質:FULL HD 1,920×1,080 12Mbps
 高画質:FULL HD 1,920×1,080 8.5Mbps
 標準画質:FULL HD 1,920×1,080 5.2Mbps
 長時間画質:FULL HD 1,280×720 3.2Mbps
・記録フォーマット:MOV(H.264+LPCM)

2.販売価格


パンフレットに記載があるが、キャンペーンや値引きにより変動有り。

3.内容物


・本体
・microSD カード
・microSD カードアダプタ
・操作説明書

4.操作性


ドラレコ本体横に microSD カードを挿すスロットが蓋無しであるのですぐに microSD を取り出してパソコン等で見ることが可能だ。
また、本体には電源、音声有無、静止画のボタンがあるのでワンタッチで機器操作することができる。

5.満足点


純正ドラレコだけあって、同じく純正のナビもつけているとドラレコの再生や機器設定をナビの画面から行うことができる。

画面による操作


また、パソコン用の再生ソフトをインストールすると動画再生だけでなく GPS と地図表示で通ったルートが把握できたり、車速もわかる。
車に積もった雪を下ろす程度の衝撃でも検知して録画するので駐車中に車上荒らしにあっても何かが録画されている可能性があり、走行中の事故以外にも役に立つ。

6.不満点


付属の microSD の容量が 8GB と標準画質で録画していると約 2 時間分ほどの動画しか残らない。
もちろんもっと容量のある microSD に差し替えればよいのだが、格安の microSD だと「TLC」という規格らしく「SDカードが初期化されていません」と頻繁に初期化が必要になりドラレコとして機能しなくなるため、高価な microSD を用意する必要がある。(TLC については本ブログの別記事参照)

7.総評


パンフレットや日産のサイトでは純正ドラレコの紹介やマニュアルでさえ公開されていないのが残念だが、改めてマニュアルをよく読むと機能が多いのがわかる。
反面、詳細設定は純正ナビを付けていないとできないためドラレコのみ純正の場合はその恩恵を受けられないデメリットがある。
できることならドラレコを利用することなく過ごしたいが、長距離ドライブした時の思い出に道中の動画を残して後から見直す楽しみ方もあるだろう。
願わくは純正に関わらずドラレコの搭載普及が進み、「走る防犯カメラ」として犯罪抑止に役立ってほしいと思う。

この記事へのコメント