PayPay と WAON での使い分けとお得度は

メインで使っているクレジットカードが"Yahoo!カード"で、その申し込み時に入った"Yahoo!プレミアム"の会員だと電子マネーの"PayPay"で購入すると他よりもキャッシュバック率が高いということで遅れながらも"PayPay"を利用して、使い分けとお得の差を考えてみた。

1.PayPay と比較した割引


日頃、食品や薬等はイオンで購入しており、イオンでは毎月20日と30日は購入額が 5% 引きになっている。
そのイオンと、対して PayPay では 6月限定だがドラッグストア限定で最大 20% 相当が戻ってくるキャンペーンがあったのでこの2つを比較してみる。

2.PayPay のキャッシュバックの内容


PayPay では"Yahoo!カード"でのチャージまたは"Yahoo!プレミアム"の会員であれば指定のドラッグストアで決裁すると最大 20% 相当が戻ってくるキャンペーンが期間限定で開催されていた。
購入時に決裁すると購入金額とキャッシュバックの額が画面に表示される。
ただし、キャッシュバックが付与されるのは翌月以降となる。

購入額とキャッシュバック


3.イオンの割引の内容


イオンでは毎月20日と30日に電子マネーの"WAON"かイオン指定のクレジットカードで支払うと購入額が 5% になる施策が取られている。
その日以外でも、翌週に 5% 引きになるクーポンが配布されるなど、頻繁に 5% 引きになる機会が増えている。
Paypay と違い、割引なのでその場で適用される。

4.今回購入したもの


今回はお得度を比較するためにイオンとドラッグストアで栄養ドリンクと風邪薬を購入した。
栄養ドリンクはそれほど差はないが、風邪薬はイオンの方が 400 円近く安い。
しかし、双方とものシーズンや特売日によって上下するのであくまで参考値だ。

購入したもの


5.値引きまたはキャッシュバックで得する分


上記の購入額に対してそれぞれの値引きまたはキャッシュバックしたものが下表だ。
イオンでは 238 円得するのに対して、PayPay のキャンペーン時では 1,042 円となり、購入金額からそれらを引くと販売価格が高いドラッグストアでも 350 円ほど得するのがわかる。
ただし、PayPay のキャンペーンが終わると 3% に落ちるのでイオンの方が安くなる。

6.総評


元の販売価格が双方で揃っていないので「安いところで割引かキャッシュバックの多いところで買う」という結論にいきついてしまうが、買いたいときに割引/キャッシュバック率が高いとも限らない。
それでも PayPay のキャッシュバック 3% はクレジットカードで払うよりかは還元率が高いのでできるだけ PayPay での支払いを心がけるようにすると一年を通してみるとかなりの額が積み立てできているはずである。

注意点としては支払い時に PayPay にチャージしている分で足らない場合は、購入分の全額がクレジットカード払いになりチャージ分を優先して使ってくれないことだ。
そのためチャージする頻度も高くなるので自分がよく行く店が PayPay に対応しているか一度考えてみるとよい。

また、PayPay のキャッシュバック分が使えるのも翌月以降なのでチャージするタイミングと金額を定めにくいところは難点だ。
幸い、チャージした金額の有効期限が 2 年から 5 年に延長されたのと、近々イオンでも PayPay が使えるようになるようなのでイオンで 5% 引きのときは"WAON"で、それ以外は PayPay での支払いと使い分けが有効に思える。

この記事へのコメント

通りすがり
2019年07月12日 10:30
パソコン版のサイト内検索が動いてないみたいですよ。