パソコンやスマホの利用中に WiFi が頻繁に切れる原因と対応方法


[初回公開] 2019年06月21日

パソコンやスマホで WiFi を利用していると頻繁に通信が途切れたり、最悪の場合は長時間インターネット接続ができないことがあり仕事や生活に支障が出るため、WiFi が切れる原因を知るとともに、通信が途切れた場合の対応方法について紹介する。

パソコンやスマホの利用中に WiFi が頻繁に切れる原因と対応方法




1.WiFi が切れる原因


WiFi が切れる原因は、「電波を出す無線 LAN ルーターの問題」、「電波を受ける端末側の問題」、「WiFi 利用中の周辺の状態」の主に 3 つが挙げられる。

1-1.電波を出す無線 LAN ルーターから遠い


現在では多くの電波が飛び交っており、特に携帯電話やテレビなど生活に欠かせない情報を電波に乗せるものはより遠くまで飛ばせて、遠くでも内容が乱れることなく届く周波数を利用している。

対して一般家庭で利用される WiFi の電波などは届く範囲が短く、遠くなるほど不安定になりやすい。
また、壁など障害物を通しにくいので無線 LAN ルーターの近くでも部屋が違えば通信しづらい状況となりやすい。

1-2.近隣の WiFi や家電の電波が強い


WiFi の電波は一般家庭でよく利用されるものとして周波数が 2.4GHz または 5GHz と決められている。
そのため、近隣で無線 LAN ルーターの利用者が多いとそれだけ同じ周波数の利用率が高まり、干渉してWiFi の電波が不安定になることがある。



また、同じ周波数でも電波を出す力が強い無線 LAN ルーターが近々にある場合は自室に設置している機器以上にパソコンやスマホが電波を拾ってしまい、WiFi を無能化させられることがある。

1-3.ドライバの不具合


WiFi を利用するためにはパソコンやスマホには電波を受ける部品と、その部品を制御するドライバがインストールされている。
ドライバは Windows や Android といった OS のバージョンによって正常に動作しなくなることがあるため、Windows アップデートや OS のバージョン自体が変わるとドライバが対応できずに利用できなくなることがある。

2.WiFi が切れる場合の対応方法


WiFi が切れる場合の対応方法としては主に 5 つあり、費用をかけずに解決できるものもあれば、状況によっては対策がない場合があるので一つずつ試して WiFi が切れる原因を追究する必要がある。



また、WiFi が切れた場合はパソコンとスマホ、または複数台のスマホを用意するなどして全ての機器で同じ現象となるか確認できるようにしておくとより原因がわかりやすくなる。

2-1.WiFi の機能を再起動する


パソコンで WiFi を利用していて WiFi が切れた、もしくは起動時から WiFi に接続できていない場合は、タスクバーにある WiFi のマークをクリックして WiFi が起動しているか確認する。

もし WiFi の機能が有効になっていても無線 LAN ルーターとの接続ができていない場合は、WiFi の機能を一度 OFF にして、再度 ON にすると接続できる場合がある。

2-2.周辺の WiFi の電波状況を確認する


パソコンやスマホで WiFi の機能が有効で自身がいつも使っている無線 LAN ルーター(SSID)が無い、もしくはあっても通信できない場合は、接続している無線 LAN ルーターと同じまたはそれ以上に強い電波を発している近隣の無線 LAN ルーターが無いか確認する。



この場合は近隣の WiFi が電波干渉しているため、無線 LAN ルーターの位置を違う部屋に移動させて干渉しないようにするか、さらに電波が高出力な機器に変更する。

2-3.無線 LAN ルーターを再起動する


WiFi の機能が有効で無線 LAN ルーターとの接続もできているのにインターネット通信できない場合は、無線 LAN ルーターがインターネット接続できていない可能性がある。

無線 LAN ルーターのように長時間電源が入ったままの機器は時折、電圧以上などで電子回路が正常に動作しなくなる場合があるので、無線 LAN ルーターの電源を再起動するとよい。
この時、電源をコンセントから一度抜いて、数十秒後に挿して利用すると尚よい。

2-4.周辺の家電を停止する


一般家庭で利用される WiFi の 2.4GHz または 5GHz の周波数は家電が発する電波や電磁波にも影響を受けやすい。
特に電子レンジや洗濯機が稼働している中で WiFi が途切れるようであれば、家電の利用中は避けて通信するとよい。



2-5.Windows またはドライバをアップロードする


Windows のバージョンを変えた際は WiFi に限らず、ディスプレイや USB ポートなど影響を受ける範囲が広い。
そのため、Windows アップデート後に WiFi の調子が悪くなった場合は、左下の Windows マークをクリックして「Windows 管理ツール -> コンピュータの管理」を開き、その中にあるデバイスマネージャーからネットワークアダプターの項目から利用している WiFi を右クリックして「ドライバーの更新」を行う。

ただし、ドライバは各パーツまたはパソコン本体のメーカーから提供されるものなので、メーカーが最新 OS に対応したドライバを配布していない場合は「ドライバは最新版です」と表示される。
この場合はドライバの提供を待つか、WiFi の外付けの子機を購入、またはパソコンの買い替えを検討することになる。

関連記事


この記事へのコメント