スマホやパソコンで空き時間に収入を得る手段とは

残業無しで定時退社を推進する「働き方改革」が広まりつつある中、その空き時間の過ごし方や減った残業手当分の充当方法が話題になっている。

会社によっては給与所得がある本職とは別に収入を得る「副業」を認めるところもでてきており、アルバイトやパートといった時間拘束型から株式運用、オークションを利用した中古販売など種類はさまざまである。

最近ではインターネット接続できるパソコンやスマートフォンがあれば簡単にできる環境になったため、学生や主婦でも空き時間を有効活用すれば収入につながる。
反面、「簡単に副業」「簡単に小遣い稼ぎ」を謳い文句に商材販売詐欺や個人情報を収集する目的のものもあるので注意が必要である。

1.パソコン、スマホを利用した副業のメリット


働く場所と時間が決められているアルバイト等と違い、パソコン/スマホを利用した副業は自宅やカフェなど場所を問わない点が大きい。
また、数分ずつ作業をするといった少しの空き時間で行えるものもあり、時間拘束が無いのも大きなメリットだ。
ユーチューバーのように動画やブログといったコンテンツを公開し、公告収入を得るようような形態もある。

2.パソコン、スマホを利用した副業のデメリット


自分の好きな場所と時間を副業に当てることができる反面、教育と指摘できる人がいないので自己学習が必要になる。
特に Web サービスを利用する場合は Web の知識は必要になってくる。
また、費やした時間と労力に対して得られる額は微々たるものである場合がほとんどである。

3.パソコン、スマホを利用した副業の内容


主に次のものがある。
 ・サイト、ブログに広告を貼り、広告収入を得る
 ・ポイントサイトでポイントを貯めて換金する
 ・リサーチモニターになりアンケート回答で報酬を得る
 ・オークションサイトで中古売買を行う
 ・写真/イラスト販売サイトで商材を売る
 ・仕事仲介サイトでデザインやプログラムを請け負う

4.副業で用意するもの


 ・連絡先や登録サイトのログインで利用するメールアドレス
 ・報酬の振り込み先となる銀行口座(報酬を現金指定する場合)
 ・広告を掲載するサイトまたはブログ(広告収入を得る場合)

5.副業時の注意点


 ・収入が副業だけで年間20万円を越える場合は確定申告が必要
 ・所得税が発生する副業は本職の年末調整時に発見される恐れがある
 ・副業準備として副業紹介企業を語るところから高額な教材やパソコンは買わない

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック